【阪神愛】じーやの独り言

阪神タイガース(プロ野球)について…時折、楽曲も織り交ぜながら、思いの丈を綴ってまいります。
1985年から遠ざかっている日本一。
命ある限り…そこを目指して阪神タイガースを応援していく所存でございます。
人の思いは…届きます。

タグ:黄金バッテリー

皆様、こんにちは。じーやでございます。

昨日は、娘と孫が遊びに来ておりました!
更新できずに、すみませぬ…。
お詫びにこちらを…。

このじーやの姫…降臨!

kaho_05
(撮影:じーや)

我が孫ながら…
かわいすぎます…。

「やすじぃ、カラオケ行きたい…」
甘えた声で、そう言われましたら…
行くしかないですな。

kaho_10
(撮影:妻)

行ってまいりました!
カラオケでは、94.104点でございました…。
娘に僅差で負けてしまいました…。
が、しかし!
このじーやが、
案外、歌うまであることを
皆様にお知らせしておきます。

じーや、歌うま!

まだまだ続きます!

今月は、孫が誕生日。
プレゼントを渡しました。
お返しに、
こんなものをいただいてしまいました…。

kaho_present

クマさんだそうです。

じーや、感激しました!

4歳になる孫が…孫が…
(以下、略)

そろそろ本気で、
読者様に怒られそうでございます…。
阪神関連の話を…。

妻が以前から、
オセロを欲しがっていたことを
思い出しました…。

何故、オセロが欲しい?

そう思います。
正直なところ妻の考えは、
分かりませぬ…。

どこが阪神の話題なの?

慌ててはいけませぬ。
オセロならば…

タイガースオセロ!

これでございましょう!

imanari_01
出典:YouTube 阪神タイガース

もう…

今成の表情…
プロ野球選手の域を超えております…。 

そんな今成ですが、
日本ハムからトレードでやってきたときは、
捕手でございました。
最近は、
内野手として起用されることが多い今成。
今シーズン、
試合途中ではございましたが…
3年ぶりにマスクを被りました。

皆様にお聞きしましたアンケート。

あなたが選ぶ阪神タイガースの正捕手は?

このじーやが作成した選択肢は…
「岡崎」、「梅野」、「原口」、「坂本」、
「矢野コーチの選ぶ捕手を指示する」、
「上記以外」
でございました。

今成よ。
すみませぬ…。

じーや、すっかり、
忘れておりました。

まぁ…よいですな…。

さて、
皆様の回答は…
こうなりました。


1位
原口文仁
9票(56.2%)

一人には絞れないけど若手がいい」
肩が強ければ文句なし(
  • 40歳代
  • 男性
  • 愛知
  • )」
    何といっても完封力!!(
  • 40歳代
  • 女性
  • 兵庫


  • なんと!過半数を獲得。
    原口の正捕手を後押しされております。

    原口の努力が、情熱が…
    来年、実るのか?

    知憲くんが語った「状態次第」。
    その状態とは、
    体調面も含めてのこと。
    肩の状態が良くなる兆しがあるのか?
    それとも、このままなのか?
    開幕までに決断されると思われます。

    しかしながら…

    岩貞、原口は平成の黄金バッテリー。

    どんな決断をされようが、
    このコンビは、来年も見たいですな…。


    2位
    梅野隆太郎
    3件(18.8%)

    原口正捕手もロマンがあるのですが、
    ヘルニアが怖いので梅ちゃんです(
  • 10歳代
  • 男性
  • 大阪


  • おっ!梅ちゃん、2位に躍進。
    記事「広島を倒すためには」でも
    紹介させていただきましたが…
    藤浪を救い、広島の足を封じたワンプレー。
    また、シーズン終盤のサヨナラ打は、
    記憶にも新しいところでございます。
    (参照記事「鳥谷救った、岩崎、高山、荒木、梅野!」)

    打撃よりも、まずは守備。

    捕手という観点から考えますと、
    まずは、そこでございましょう。

    逆襲の梅野。

    来シーズン、見られますでしょうか?
    矢野も、

    梅野が一歩リード

    という評価。
    楽しみでございます。

    ファン感謝デーで仮装があるようでしたら…
    「逆襲のシャア」お薦めしておきます。

    syaa
    ©サンライズ


    3位
    坂本誠志郎
    矢野コーチの選ぶ捕手を指示する
    2件(12.5%)

    先日、「熱血!タイガース党」で
    インタビューを受けた坂本。

    未熟さを感じた1年

    それで良いのでございます。
    プロの厳しさを知ったはず。

    その経験を
    来年に活かしてほしく思います。

    ですが、
    1年目とは思えない、落ち着きもございました。
    また、
    キャッチングも、目を見張るものがございました。
    坂本は、自身の良さを認識した上で、

    捕手らしく、守備を磨いてほしい。

    来年は、原口、梅野だけでなく…

    長坂との戦いも待っております。

    秋季キャンプでは、盗塁阻止率100%。
    これを継続していけるように…。
    お願いしますぞ。

    投手陣とのコミュニケーションも、
    積極的に取ろうとしているようですな。

    気後れすることなく、やってほしい。

    期待しております。


    矢野の選んだ捕手を信じる

    そう、おっしゃってくださった方もいらっしゃり…
    正直なところ、
    じーや、ほっとしております。


    投票なし
    岡崎太一
    上記以外

    岡崎には票が入りませんでしたか…。
    ただ、このじーや、言っておきます。

    岡崎にもチャンスはございます。

    一軍から離脱するまでの戦いぶり、
    それほど悪い印象は持っておりませぬ。
    守備だけでなく、打撃の方も頑張っておりました。
    エンドランを決めたシーンも良かったですな!

    若い3人に、
    どうしても注目が集まりがちですが…
    奮起を促しておきます。
    今年も同じことを思っていたと思いますが…

    来年がラストチャンスと思って
    頑張ってくださいまし。


    アンケートにお答えいただきました方々に、
    この場を借りて御礼申し上げます。
    ありがとうございました。

    尚、投票期間中ではございますが…
    こちらのアンケートを閉めさせていただきます。

    阪神の捕手につきましては…
    このじーやの考えを、
    以前、お伝えしております。
    (参照記事:「現有戦力で1軍枠を考える[野手編]」) 

    三本の矢になれ。

    これでございます。

    そして、誰を起用するかは、
    矢野が適切に判断してくれるはず。
    そう、信じております。

    追伸

    皆様に、お知らせがございます。
    このじーやに、虎仲間が増えました!

    えくす虎!

    鬼門行者さんと名ドさんの掛け合いが、
    実に絶妙な4コマ漫画。

    このじーや…いつも、
    ほっこりさせていただいております。
    このじーや共々、宜しくお願い致します。 


    最後までお読みいただき、ありがとうございました。
    大変寒くなってまいりました。
    ご自愛くださいまし。

    にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
    にほんブログ村

    皆様、こんばんは。じーやでございます。
    本日の試合で、阪神タイガースの全日程が終了いたしました。
    明日から、このじーや、どうすればよいのか迷っております…。

    阪神タイガース関係者の皆様、
    この1年間、お疲れ様でございました。

    実は、このじーや、最終試合まで見たのは久しぶりでございます。 
    優勝の可能性が無くなると、結果は見ますが、試合は見ない…。
    見ても、敗色が濃厚になると、目を背けておりました。

    このブログを始めたのは、今年の7月15日でございます。
    このじーやも、変わらないといけないのでは?!
    そんな勘違いから、今に至っております…。

    「超変革」というキャッチフレーズのもと、
    今年1年、新人監督である金本監督は、よく戦ったと思います。
    人気球団であるが故の宿命とでも申しましょうか…。

    今までの歴代監督がやれなかったことを、よくぞ実行したと思います。

    その信念を最後まで曲げず、貫いてほしいと願っております。

    金本監督よ。ぶれるでないぞ。

    最後の挨拶も、潔いものでございました。
    プロの世界でございますので、成績、勝ち負けによって評価されるのは当然でございます。
    しかしながら…

    ファンを楽しませるのも、プロの務めである。

    このじーやは、そういう意味では、本当に楽しませていただいたと感謝しております。
    そして、沢山の「希望」もいただきました。

    最終戦である本日も…希望をつなぐ勝利をいただきました。
    これで7連勝でございます。

    消化試合とはいえ、勝ち癖がついてきましたな。
    監督、選手ともに、この感覚を忘れないでいただきたい。


    投げては、岩貞が10勝目を手にいたしました。
    原口は、岩貞とのコンビで、ひとつ輝きを増しますな。

    岩貞と原口は、平成の黄金バッテリー。

    来年は、岩貞「28」、原口「22」を、このじーや希望しておきます。

    これで、メッセンジャー、藤浪、岩貞…。

    最終登板は、いずれも無失点で終えることができました。
    来年は、この3人で貯金を作らないといけませぬ。

    良い形で締めくくったと思います。

    打つ方では、ポイントと見ていた初回。
    見事な先制パンチでございました。
    昨夜、犠牲フライで終わっておりましたので、北條が出るかどうかは注目しておりました。

    阪神に流れあり

    でございました。
    そして、原口の2塁打で、鮮やかに先制!と思いましたが、やり直し…。
    ゴメスの一打は、試合の主導権を握る貴重なタイムリーでございました。
    上本のダメ押しも、良かったですぞ。

    本日の試合は、金本監督の采配にも、触れておかなければなりません。
    初回先制点の後も、北條の犠牲フライで得た追加点の後も、

    攻め続けたことで活路を開きました。
    攻撃は最大の防御なり。

    とは、このことでございますな。
    この結果、福原を余裕のある展開で投げさせることができました。
    植田、望月にも出場機会を与えることができました。

    言うことのない試合が出来たのではないでしょうか?

    以前、「勝つことで、チームは強くなる」とお伝えしました。
    今、阪神に流れはございます。
    この調子で、来年の開幕戦から、走っていただきたく思います。
    シーズンをまたぎますが、

    目指せ!15連勝!

    でございます。

    忘れてはいけない7回表にも触れておきます。

    阪神タイガースファンの、今季一番とも言える声援が!

    巨人の高木に与えたプレッシャーは、相当なものでございました。
    高山に死球を与えたシーンが物語っております。
    このじーやが求めていたのは、この地鳴りのような声援でございます!

    日本ハムの栗山監督は、「選手たちは北海道の誇り」と言いました。
    このじーやは言います。

    阪神タイガースファンは、甲子園の誇りでございます。

    来年も、一緒に応援致しましょう。

    追伸

    福原投手、18年間、お疲れ様でございました。

    打ち取った球を、高山がグラブに収めたとき…。
    このじーやは妻と二人で泣いておりました…。
    投手の生命線ともいえるストレートにこだわり続けたその姿、
    確かに目に、心に焼きつけました。
    ありがとう!福原!

    にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
    にほんブログ村

    皆様、こんばんは。じーやでございます。

    本日(25日)は、このじーやの大好きなサンテレビでの中継。
    解説は、山本昌さんと広澤克実さんでございました。
    野球を良く知っていらっしゃるお二方の解説。
    楽しく観戦することができました。

    その中で、このじーやが感心した内容を取り上げさせていただきます。
    山本昌さんの言葉の中で、

    8番バッターで切ることを考えて投げていた。

    という内容でございます。
    山本昌さんが、長く活躍できた理由のひとつとして、このじーや納得致しました。
    野球のメカニズム(仕組み)を知っていなければ、発言できない内容でございました。
    上記内容は、ブログ内でも度々お伝えしておりますので、割愛致します。
    ご興味のある方は、記事「金本采配について一言」をご覧くださいまし。
    記事検索「敬遠」でも、ご覧いただけます。

    本日の中日戦ですが、所感といたしましては

    中日のミスで、いただいた試合

    でございました。

    2回裏、中日の采配。先頭バッターが出たところで、5番にバントをさせます。
    この時点で、じーやは、ほぼ阪神の勝利を確信しておりました。

    以前、ブログ内で、「野球は囲碁や将棋と似ている」とお伝えしましたが、
    この初手は、紛れもなく悪手でございます。

    囲碁や将棋に定石があるように、野球にも定石は存在致します。

    3連勝と阪神に良い流れがきている中で、この悪手は阪神に追い風となりました。
    消化試合という中ではございますが、

    勝てる試合を落とさなかった

    ここは、来シーズンに向けても大切なことでございます。

    強いチームは、相手のミスを逃しませぬ。

    阪神タイガースが来シーズン飛躍するためにも、
    こういう積み重ねが大事でございます。

    そして、上本よ。よくやった。
    3回表、岩貞のバントミスもあり、試合がこう着する中、よくぞ仕留めました。
    あそこで点が入っていなければ、ややこしい展開になっていたかもしれませぬ。
    7回表の盗塁も見事でございました。
    昨日、良いところが出ませんでしたが、金本監督の采配に拍手でございます。

    上本の攻撃力は魅力的でございます。

    金本監督も、改めて再認識されたのではないでしょうか。
    ただし、現状、甲子園(後攻)でのスタメンは、やめておいた方がよいですぞ。
    くどいようですが、このじーや、助言しておきます。

    投げては、岩貞がよく踏ん張りました。
    これで4連勝、9勝目。
    制球が定まらない中、よくゲームを作りました。
    早めの降板は、10勝目を狙わせるため。
    このじーやは、10月1日の先発は岩貞だと予想しております。

    そして、岩貞には、来シーズン以降の期待を込めて、
    福原が背負っていた「28」を継いでほしいと願います。
    原口には「22」を。

    黄金バッテリーの復活!

    当時、江夏と田淵が「黄金バッテリー」と呼ばれていた背番号を、2人に与えてくださいまし。

    このじーや、原口の選手寿命を延ばすことや、その打撃力を活かすべく、
    来年はファーストへコンバートさせるべきという考えを持っております。 
    その考えは、今も変わらないのでございますが…。

    そして、能見の中継ぎ登板にも触れておきます。
    先日のDeNA戦での球速が、130後半から140前半でございました。
    本日、計測された球速は、147と146。

    腕を振る感覚を、取り戻させるために投げさせたのならば理解できます。

    本気で中継ぎ転向でございましょうか?

    それよりも、このじーや、来季の配置転換について、提案致します。

    オープン戦で、サターホワイトを先発させてくださいまし。

    調べると、彼は来日前、制球難で苦しんでいたようでございますが、
    日本でのピッチング内容を見る限り、制球難で崩れるような感じはいたしませぬ。

    第2のメッセになりうる可能性は十分ある。

    このじーやは、そう見ております。
    是非、ご検討くださいまし。
    セットアッパー、クローザーについては、また別の機会にお話し致します。

    これで今季3度目の4連勝でございます。
    本日、試合のなかった4位ヤクルトとの差も0.5になりました。
    壁を越えてほしく思います。
    5連勝の壁、ヤクルトの壁を。
    そして、甲子園での3連勝を期待せずにはいられませぬ。

    甲子園での戦い方。まずは、守りから。

    この一言を金本監督に送ります。

    ↑このページのトップヘ