【阪神愛】じーやの独り言

阪神タイガース(プロ野球)について…時折、楽曲も織り交ぜながら、思いの丈を綴ってまいります。
1985年から遠ざかっている日本一。
命ある限り…そこを目指して阪神タイガースを応援していく所存でございます。
人の思いは…届きます。

タグ:補強

皆様、こんばんは。じーやでございます。

読者の皆さまに…
お詫びしないといけないことがございます…。

じーや、また…
やらかしてしまいました…。

もう…
修正いたしましたが…
糸井選手のこと…

「義男」くんと綴っていたようでございます。

じーや…無念…。
このじーやの元お友達は「嘉男」くん。
これは間違いございませぬ。
ですが…
このじーやの頭の中では…

「よしお」といえば
「義男」だったのでございます。

さりげなく…
よっさん(吉田義男)をアピールしておきます。
そして…
このじーやが選ぶ…
プロ野球歴代ショートNo1は…

よっさんだよ。

そこ、付け加えておきます。
「牛若丸」と呼ばれた、よっさんのプレーは…
そりゃもう…

北條には、
是非、よっさんのプレーを見てほしい。

映像があるならば…。

じーや…
揉み消しました。
自分のミス、よっさんの話題で
揉み消しました。


マスメディアの方に提案いたします。

吉田義男氏と糸井嘉男氏の
「よしお対談」
やってくださいまし。

じーや、
どのマスメディアが、この対談を実現するか…
注目しておきます。 
話が噛み合うかどうかは…
じーや…
知りませぬ…。 


さて、 
糸井獲得を受けて、
このじーや、
糸井についての情報収集を行っておりました。
感想は…

糸井…ブラボー!

その一言に尽きます。

正直に申し上げますと…
じーや、パリーグはあまり観ませんし…
侍ジャパンに召集された頃の
糸井のイメージしかございませぬ。 

今年の糸井がどうだったのか?
来年、活躍できるのか?

気になっておりましたが…

愚問でございました。 

このじーやが厳選しました動画を含め…
ご覧くださいまし。


【超人誕生のルーツ】



父親は、元トライアスロン選手。
母親は、元国体出場バレーボール選手。

超人といえど、このDNAを引き継いでこそ。
そして…

食事は体を作る。

改めて、認識いたしました。
知憲くんも、阪神投手陣に対して、
既に指令を出しております。
今の糸井が、どんな食生活を送っているか…
若手問わず、聞いた方がよさそうですな。


【進化する超人】

15年オフに、古傷の左膝を手術。
そして迎えた16年のシーズン。
自身の宣言通りに…
キャリアハイとなる53盗塁で盗塁王に。 
立花コンディショングコーチの言葉を借りるならば…

糸井は、まだ進化する。

天性の身体能力、努力だけではなく…
経験から生まれる野球脳まで身に着けたとしたら…

無敵。

糸井の進化に…
我々ファンは度肝を抜かれるのでは…
戦慄の2017になるかもしれませぬ。
この糸井の姿に、江越、横田は何を感じるか…。
そこも注目してみたいと思います。


【超人の破壊力】



この映像を見て…
じーや、思いました。
ライト方向だけでなく、レフト方向への打球…。 
意外と多いですな。

糸井…
浜風を利用して量産するのでは?

そして…

糸井は、ボールを運ぶ技術を持っている。

じーやは、そう感じました。
かつて、王貞治、落合博満に見た、
ボールをバットに乗せて、スタンドまで運ぶ技術。

超一流だとは思っていましたが…
その力量は衰えていないようでございます。

かなりポジティブに捉えておりますが…
どえらい選手が来シーズンから加わったことは
確かなようでございます。 


自ら成長するための球団を探していたという糸井。

糸井を支えるのは、この向上心。
そして、野球に取り組む純粋な心。 

もう…
じーや…
期待しかありませぬ。

知憲くん、矢野、シモさんが、
タテジマを着て輝いたように…
嘉男くんにも輝いてほしい…。

糸井一人の活躍で優勝はできませぬ。
ただし…
他の選手が触発して化学反応を起こせば…
ありますぞ…

hanshin_1985

©朝日新聞デジタル

期待は膨らむばかりでございます。

追伸

嘉男くん…。
阪神での入場曲…
まだ決まってませんな?
じーやのお薦めはこれでございます。

マッハロットで
ブロロロローブロロロローブロロロロー
ぶっとばすんだギュンギュギュン

そう…
「ぼくらのバロム1(ワン)」でございます。

超人バロム1(ワン)こそ、
超人・糸井に相応しい…。
じーや、そう思います。

また…
ヒーローインタビューでの…

規則正しい生活

これにも期待しております。


最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

この記事で、
皆様が、より一層…
来年の阪神タイガースに
ワクワクしていただけれれば幸いでございます。
良い休日をお過ごしくださいまし。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

皆様、こんばんは。じーやでございます。

このじーやと同じく、
「穏やか」な気持ちで過ごしていた知憲くん。
そんな知憲くんに、朗報が届きます。

糸井、阪神タイガース入団決定!

阪神タイガース公式サイト
糸井嘉男選手との契約合意について

知憲くんの…
初めての恋…
実りました。

caple

このじーやの花びら占いも…
なかなかのものでございます。

参照記事:「危機感はございますか?

ついに…
ついに…
糸井が…

来る~!!








yamazaki
写真:フジテレビ 山崎夕貴

山崎違いでございます…。

阪神とは全く関係ないですが…
山崎夕貴さん…
糸井同様に、キャラ、実力も兼ね備えた
良いアナウンサーでございます。

ちなみに…
糸井獲得を聞いた渡辺謙さんが、
ガッツポーズされていたことを
皆様にお知らせしておきます。


話を戻します…。
糸井の加入によって、
戦力アップは勿論でございますが…
選手たちの緊張は高まることでございましょう。
知憲くんの狙いは、
むしろ…
こっちかもしれませぬ。

また、

糸井の起用方法によって、
知憲くんの
やりたい野球が見えてきます。

ポジションの被る福留の起用方法についても、
度々記事で拝見いたしますが…

一塁へコンバート?!

違うでしょうな…。
このじーやは…

福留は、来年もライトを守っている。

そう思っております。

恐らく…
糸井はセンターで起用されるかと。

ここ数年はライトを守っているようですが…

2009年から2011年までは、
センターとして、3年連続
ゴールデンクラブ賞を受賞しております。

オープン戦で、感触を取り戻してほしく思います。

金本監督を男にしたい。
全力でプレーする。

そう語ってくれた嘉男くん…。
じーやも全力で応援いたします。


しかし!
喜んでばかりはいられませぬ…。
糸井を獲得したということは…
そう…
人的補償の問題が発生いたします。
プロテクトできるのは28名。
金銭だけで済めばよいのですが…
そう、甘くはないかと。

このじーや…
実際に考えてみました。
実に難しいですな…。

ファン心理を無視して、
ドライに考えることができないと…
作業は困難を極める…

そう思いました。

鳥谷、西岡をどう扱うか?

この辺りもポイントになりそうでございます。
ボーダーラインになりそうなところでは…

秋山、歳内、金田、荒木

このあたりでございましょうか。
公表は致しませぬが…
このじーやの作成しましたリストでは、
上記4名は含めました。

また、じーや作成の
1軍枠に含めなかった選手の中では…

望月、植田、江越

この3名もプロテクトいたしました。

予想は致しましたが…
最終的な結論を見守ることしかできませぬ。

プロテクトされる選手も…
そうでない選手も…

今を頑張ることしかできませぬ。
今を頑張れ!

じーや、エールを送っておきます。

もう…
来シーズンへ向けて、
戦いは始まっております。
補強については、一段落しそうでございます。
後は…

トレードくらいでございましょうか。

このじーやならば…
仕掛けてみたい選手がおります。

本日、
久しぶりに、知憲くんにLINEいたしました。
金本知憲オフィシャルブログ」でも、
コメントしてまいりました。
じーや、一番乗りでございました!

もう一通…
知憲くんに…
LINEを送っておこうかと思います。
ダメもとで…。

追伸

皆様、既にご存知かと思いますが…

ドラフト2位、小野泰己選手と
ドラフト7位、長坂拳弥選手との
仮契約が完了いたしました。

阪神タイガース公式サイト
小野泰己選手との仮契約完了について
長坂拳弥選手との仮契約完了について

お二人の活躍を期待しております。


最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

もう、残り一ヵ月少々でございますな…。
阪神タイガースと同様…
終わり良ければ総て良し。
そんな一ヵ月少々をお過ごしくださいまし。
皆様、笑顔で…
この一年を締めくくれますように…。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

皆様、こんばんは。じーやでございます。

ついに…
FA交渉が始まりましたな…。
糸井選手は、知憲くんの恋人でございますか…。

10日…
知憲くんの「デートです。」
この言葉を受けて、
このじーや…
時間を空けて…
待っておりました…。

じーや…
見事に、ふられてしまいました…。

ちなみに…
このじーやの元お友達に、
嘉男くんという方がおります。

嘉男くん…
ホモでございました…。

今の妻との結婚を反対した嘉男くん…。
じーや…
このとき…
嘉男くんの気持ちに…
気付いてしまいました…。
この嘉男くん…
勿論、糸井選手ではないのですが…

何か因縁を感じます。

ここで、じーや占います…。

flower

嘉男くん…来る。
嘉男くん…来ない。
嘉男くん…来る。
嘉男くん…来ない。

(花びら多すぎのため、中略)

嘉男くん…来ない…。

嘉男くん…来る!





zakiyama

来るみたいです。

ちなみに…
若い方には、
分かりにくい表現でござましたが…
昔は、このように、
花びらを一枚一枚ちぎって…
想い人との行く末を占ったものでございます。
じーやも…
やったことがございます。
どうでもよい文化…
継承しておきます。

FAとは選手の特権。

糸井選手が、
どのような決断を下すのか…
じーや、見守りたいと思います。


さて、
話題を安芸キャンプに移します。
目を引いたのは…

坂本誠志郎。

矢野の「梅野、一歩リード」という評価を受け、
じーやは、
「坂本は?」
そういう思いで見ておりました。 

坂本、良いですな。

盗塁阻止は勿論のこと、

ワンプレーワンプレーに
意識の高さがうかがえます。

そして、バッティングでも魅せました。
原口ファンには残念な報告ですが…
このままいけば…

坂本 vs 梅野

こういうことになりそうでございます。
1日見ただけですので、何とも言えませんが…
坂本、良いです。
そこは率直に、お伝えしておきます。
原口は、バッティングでは魅せましたが…
課題の守備は…
今のところ、厳しい…
このじーやは、そういう評価でございます。

そして…
残念なお知らせをしなければなりませぬ。

北條!どうした?!

坂本の好プレイを、ふいにした守備。
準備が出来ておりませんでした。
紅白戦で、
キャッチャー前に挙がったポップフライ。
ランナーは1塁。
坂本は、そのままキャッチせず、
ダブルプレーを狙います。

ルーキーとは思えない、
落ち着いた守備。

しかし…

北條は、
ボールウォッチャーでございました。

セカンドベース手前に取ったポジション。
明らかに、プレーの予測ができていない…
まずい守備でございました。

付け加えます。
リレーでのバトン投げ。
ゴール前で投げたバトン。

後一歩で
踏ん張れなかった北條。
ここに
球際の弱さを見た気がいたします。

このじーや、
北條には期待しておりますので、
厳しく見ております。

続けます。

三塁を守った板山。
緒方の内野安打狙いのバッティング…
防げませんでした。

送球前のワンステップが不必要。

ツーステップになった送球…。
じーや、見逃しませぬ。
捕ってから早く!
一軍で内野のレギュラーを
本気で獲るつもりならば、
そこは意識してくださいまし。


上本も、バッティングでは良いところを
見せてくれましたが…。
好捕からの一塁への送球…。

いつもの上本でございました。

もう…後がないですぞ。
言っておきます。

こういうワンプレーの大切さ、
怖さを分かっておりますか?

平田コーチの言うように、

この時期は、ミスは出ても構わない。
何故、ミスが出てしまったのか…
追求し、修正できなれば…
1軍枠から削られます。

チャンスは無くなっていきます。

明るさの中にも厳しさを。

もう一度、
原点に戻ってやっていただきたい。
糸井選手に話題がいく中、
このじーや、お灸をすえておきます。


投手では、岩貞、秋山…
良いですな。

特に、秋山…
ローテを奪い取るつもりで

臨んでほしく思います。


練習は嘘はつかない。

この時期は、チームのために…

そんな綺麗ごとは要りませぬ。

自分自身のために…
1軍で活躍するために…
強い気持ちを持って、
やってほしく思います。

追伸

皆様、ご存じでしょうが…
本日12日、甲子園でトライアウトが開催されます。
このじーやは、仕事で行けませんが…

入場無料でございます。

鶴、柴田など…
今季、戦力外になった選手たちが、
チャンスをものにするために試験を受けます。
お時間のある方は、是非、
応援してあげてくださいまし。

タテジマを着た選手たちの今後が、
よりよい人生になることを、
じーや願っております。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
皆様、良い週末をお過ごしくださいまし。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

皆様、おはようございます。じーやでございます。

もう…冬ですな…。
外気は寒いですが…

このじーやの心は、
ぽかぽかしております。

多分…
お酒のせいでございます…。
じーや、勘違い致しました!

勘違いついでに…
先日、坂井オーナーが、鳴尾浜を訪れました。
このじーやの記事とともに
紹介させていただきます。

じーや記事(2016.10.29)
野球脳は、一日にしてならず」より
-----
11月4日、
坂井オーナーも視察されるそうで…。
四藤球団社長、知憲くん交えての
会食も予定されているとか。

ここで、このじーや、
坂井オーナーに一言。

余計なことは、
喋らないでくださいまし。

マスコミ対策、
しっかりとお願い致します。
(中略)
お願いしますぞ。坂井オーナー。
----

じーや記事(2016.11.04)
こんなアイテムが欲しい…」より
-----
2017年4月11日
江越大賀 覚醒

2017年6月24日
横田慎太郎 覚醒
-----

デイリースポーツオンライン(2016.11.09)
横田、江越、覚醒しろ!坂井オーナーが掛布2軍監督に”お願い”」 より
-----
会談後、坂井オーナーは

「(内容は)秘密」

と話すにとどめ、
鳴尾浜を離れた。
(中略)
掛布2軍監督が会談の一端を明かす。
「1年間の報告とか、
若い選手を育ててほしいということだった。
(具体名として挙がったのは)

横田とか江越とか。

どうにかなってほしい、ということだった」

オーナーが熱望するのは
若虎の台頭であり覚醒。

その中で、
具体名を挙げて訴えたことが珍しくもあり、
期待の大きさを物語る。
-----

もしかして…

坂井オーナー…
このじーやのファンでございますか?

このじーや…
思い切り勘違いしておきます。

余計なことを喋らない
坂井オーナー…
素敵でございます。

と同時に…
坂井オーナーと
記事を掲載いただいた
デイリースポーツさんに感謝いたします。
じーや、デイリースポーツ買いました!

江越、横田よ。
もう、やるしかないですな…。
ちなみに…
覚醒ノートに記した日付…
大安でございます。
じーや…
江越、横田、今成のために
調べました!


このじーやの思いは
確実に届いております。

そして、この瞬間…

じーや - 坂井オーナー-
知憲くん - 掛布二軍監督

ホットラインが強固になりましたことを
皆様にお伝えしておきます。
四藤球団社長が加われば…
じーや…
コンプリートでございます!

まだまだ続きます!

じーや記事(2016.11.02)
2016年の阪神タイガースを採点してください」より
-----
知憲くん。
もう…
早い段階で言ってしまってもよいでしょう。

来年は、
優勝するためにやります。

と。
結果は、どうであれ…

本気で、優勝を目指さなければ、
得るものは少ない。

このじーやは、そう考えております。
Aクラスで良しとするのではく、
優勝を目指すのでございます。
笑われたっていい…
馬鹿にされたって構わない。

優勝を目指して何が悪い。

タイガースの本気を見せてほしい。
そのために、今、必死で取り組んでいる…
このじーやは、そう信じております。
(中略)
来年はAクラスになれれば上等ではなく…
ファンの皆様も一緒に、
優勝を目指しましょう。

阪神タイガースを、
その気にさせましょう。
皆様も、その気になってくださいまし。

知憲くんならば、
阪神タイガースを変えてくれる。
このじーやは、そう信じております。
-----

このじーやの思いに…
この男が動きます。

東スポWEB(2016.11.09)
阪神・川藤幸三OB会長がFA糸井獲りを後押し」より
-----
阪神の川藤幸三OB会長(67)が9日、
安芸秋季キャンプを訪れ、
チームが獲得を目指すFA宣言した
オリックス・糸井嘉男外野手(35)に言及。


来年は優勝しかない。

そのためには若い連中だけでは無理。
中堅、ベテランとのバランスがあって
強いチームになる。
プラスになるから糸井を獲るんやろう」
と獲得に賛成を表明した。

さらには
「虎のユニホームを着たやつはどこから来ようと同じ。
一員になるからには戦力になってほしいからな」
と交渉前から異例のバックアップも約束した。
-----

飲み仲間の幸三くん。

「優勝」という言葉…
よくぞ言ってくださいました。

ちなみに…
幸三くんとは、
一度も飲んだことはありませぬ…。

幸三くんの解説が…
一緒に居酒屋で飲んでいるような…

そんな気分から…
飲み仲間でございます。

糸井の獲得につきましては、
このじーや、以前、お伝えしております。
若い外野手が沢山いるので、
そちらを育てていこうと進言いたしました。

ですが…
知憲くんが「欲しい戦力」と感じ、
西岡が、背番号7を譲ってもいいと言った。
ならば…
このじーやの答えはひとつ。

全力で糸井獲得を応援いたします。
全ては、阪神が強くなるため。
優勝を目指すため。

知憲くんの決断を信じます。
このじーやは、どんなときでも、
知憲くんの朋友(ポンヨウ)でございます。

迷わずいけよ。男道。

知憲くんと
阪神タイガースにエールを送ります。

fuyuduki_gendou
©GAINAX

始まったな。

eva_gendou
©GAINAX

ああ、全てはこれからだ。

2017年…タイガース・インパクト。
計画は…動き始めました。

追伸

ドラフト3位・才木浩人選手の
仮契約が完了いたしました。

阪神タイガース公式サイト
才木浩人選手との仮契約完了について

このじーやも期待する長身右腕でございます。
ドラフト直後の会見で

藤浪投手を超えたい。

そう話してくれた瞳…
輝いておりました。

言葉にすることは大切でございます。

このじーやが、立証してきたように…
才木くんも、夢を叶えてほしい。
そう願わずにはいられませぬ。

このじーやのブログでは、
2016ドラフト会議の指名選手を
応援しております。

PCからのみとなりますが…
画面右にアンケートがございます。
ランキングとは無関係の
独自アンケートでございます。
これから入団される若虎に一票を。
是非、お願い致します。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
風邪ひきさんも、そうでない方も…
生姜(しょうが)湯を飲んで、
ぽかぽかしてくださいまし。
暖かくして、お出かけくださいまし。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

皆様、おはようございます。じーやでございます。

このじーや…
ドラフト会議の反響の凄さに…
ただただ、驚いております…。

昨年までは、新聞やニュースでしか
情報を得ておりませんでした。
今…

ネット民の怖さを、感じております…。

世間では、阪神タイガースのドラフト戦略において、
様々なことが言われております。
知憲くんに対しての批判も…。

批判してる方々のイメージは…
こんな感じでございましょうか?

eva_masaka
eva_bousou
eva_syogouki
©新世紀エヴァンゲリオン/GAINAX

このじーやは、
先日、お伝えしました通り…
バランスよく補強できたと思っております。

未だドラフト批判をされている方々へ。
まぁまぁ、そう熱くならずに…
これを見て、落ち着いてくださいまし。

kaho_02

じーやの孫、再登場でございます…。
会いたい…。

落ち着いていただけたでしょうか?
このじーや、あなた様にお伝えいたします。

まだ、結果は出ていませんぞ。

結果が出るのは、これから先でございます。
そんな中で、ちょっと良い話を。

このじーや、
とあるサイトの虎ファンのコメントが好きで、
よく拝見させていただいております。
そのサイトでも、
勿論、ドラフトの話題は出ておりました。

「みんな仲良くやろうよ。」のコメントに、
「せやせや!+1」しておりました。 

未だ…
コメントは出来ていないのですが…
「せやせや!+1」「アカン!-1」は、
たまに押しております…。

そのとき、地震がございました!

別の記事だったと思います。
記事とは関係ないですが…
と前置きした上で…
周囲を気遣うコメントがございました。

じーや、感動しました!

ネットでは…
本当に阪神ファンか?
否…
同じ人間とは思えないようなコメントも見かける中、
そんな優しい気持ちを持ったファンがいてくださり…
このじーや嬉しくなりました。
じーやも…いつか…
そのサイトで…
コメントしたい…。

地震にあわれた皆様が、
ご無事でいらっしゃいますよう…
このじーや、祈らせていただきます。


今年のドラフトを評価するのは、
少なくとも来シーズンが終わってから。

このじーやは、そう考えております。

まだ、情報は少ないのですが…
このじーやが動画を見た所感としましては…

才木、浜地、糸原、藤谷が気になります。
大山に関しては、大きく育てていただきたい。

こんな感じでございます。
勿論…
名前を出さなかった選手にも、
頑張ってほしく思います。


ドラフトを評価するも何も…
まだ、何も始まっておりませぬ…。

eva_gendou
©新世紀エヴァンゲリオン/GAINAX

ああ、全てはこれからだ。

最後は…
碇ゲンドウの言葉で、締めさせていただきます。
ご存じない方…すみませぬ…。

追伸

知憲くん。
このじーや、間違っていると思うことは、
朋友として、はっきりと伝えます。
今は…
自分の信じた道を貫いてくださいまし。


最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。
皆様のご声援クリックに、いつも感謝しております。

皆様、おはようございます。じーやでございます。

2016年のドラフト会議が、昨日、行われました。

このじーや、

補強は、投手と内野手

と訴えてまいりました。

じーや流ではございましたが、
補強の参考になればと…
勝手ながら、現有戦力の分析も行いました。
・記事「現有戦力で1軍枠を考える[投手編]
・記事「現有戦力で1軍枠を考える[野手編]

さて、阪神タイガースのドラフト結果は、いかがだったでしょうか?

1位 大山悠輔(内野手/白鴎大)
(参照元:ドラフト候補選手の動画とみんなの評価)

阪神が1位指名したのは、日米大学選手権の4番打者。
大型三塁手でございました。
構え方は、元中日の和田選手に似ております。
知憲くんは、タイプはヤクルト山田にちょっと似ていると評価しております。

必須であった内野手の補強。

多くの報道が、1位指名を投手と予想する中、
阪神は、右のスラッガー内野手を1本釣り。
活躍できるかどうかは、これからだと思いますが…
良い選択をしたのではと思います。

ちなみに…
注目されておりました田中正義(投手/創価大)は、5球団が競合。
ソフトバンク工藤監督が、交渉権を獲得いたしました。

スポーツ紙面では、
阪神が1位指名と噂されていた
佐々木千隼(投手/桜美林大)は、外れ1位で5球団が競合。
ロッテが獲得しました。

2位 小野泰己(投手/富士大)
(参照元:ドラフト候補選手の動画とみんなの評価)

2位指名は、投手。

中継ぎリリーフ候補でございましょうか?

やや線の細さは気になりますが、球速は常時144から147を記録。
即戦力というよりは、将来性を買っての指名のように感じます。
どんな選手に育つか期待しましょう。

3位 才木浩人(投手/須磨翔風高)
(参照元:ドラフト候補選手の動画とみんなの評価)

3位指名も、投手でございました。
身体は、まだ高校生そのものですが…

切れのあるストレートとスライダーが武器。

動画では、そのように見えました。
こちらも、将来性を買っての指名かと思われます。
タイプは、恐らく先発タイプ。
2位の選手よりは、投手として、
まとまっている印象でございます。

4位 浜地真澄(投手/福岡大大濠高)
(参照元:ドラフト候補選手の動画とみんなの評価)

4位指名も、投手。
プロフィールを見ますと…

小学校6年で、
福岡ソフトバンクホークスジュニアに選ばれた。

とございます。
小さいときから、エースで4番タイプですな。
下半身も、高校生の割には、しっかりしております。
楽しみにいたしましょう。

5位 糸原健斗(内野手/JX-ENEOS)
(参照元:ドラフト候補選手の動画とみんなの評価)

5位指名は、社会人内野手。
リードオフマンタイプの三塁手。左打ち。

バッティングセンスに加え、パンチ力もある。

そういう評価をされております。

ここで見えてきたのが、鳥谷の起用方法でございます。
1位指名と5位指名は、
恐らく即戦力の三塁手を期待しての指名。
勿論、彼らが、定位置を約束されたわけではございませんが…。
これは…

知憲くん流の鳥谷への愛情表現。

このじーやには、そう見えました。

鳥谷よ。
この愛にどう応える?
やるか。やらないか。
あんたは、どうする?
by. 矢沢永吉

じーやは、これからも…
やりたいことを、やっていきます!


6位以下は、即戦力を期待しての指名に見えますが…
どうでしょうか?

6位 福永春吾(投手/四国IL・徳島インディゴソックス)
(参照元:ドラフト候補選手の動画とみんなの評価)

ストレートで向かっていくタイプのピッチャーに見えます。
コメント覧の…
性格が悪い。というのが気になりますが…
良い方向に向けばよいかと思います。
皆が見ているページで、私怨をぶつけては駄目ですぞ。

7位 長坂拳弥(捕手/東北福祉大)
(参照元:ドラフト候補選手の動画とみんなの評価)

173センチと、じーやよりも小さい選手です。
どうでもよい情報、挟みました!
遠投95メートルの強肩、
甲子園でもホームランが打てる、強打が売りのようでございます。

8位 藤谷洸介(投手/パナソニック)
(参照元:ドラフト候補選手の動画とみんなの評価)

194センチと、じーやよりも大きい選手です。
……。
もう、よいですな…。
動画がなかったので、分かりませんが、
故障があり、過去2年は、
それほど投げていないようでございます。


以上、8選手が、今年のドラフトで指名されました。
思い通りにいったドラフトなのかは、わかりませぬ。
それでも…

補強すべきところを、
バランス良く補強したのでは?

このじーやは、そう感じました。

まだ交渉前ではございますが…
指名を受けた選手たちに、
このじーやから、お願いがございます。

是非、阪神タイガースに入団して、
知憲くんを助けてほしい。

そして…
今年のドラフトも、よかったね。
そう振り返れるような…
そんな活躍を、来年見せてくださいまし。
期待しております。

知憲くん、
お疲れ様でございました!


いつも応援ありがとうございます。
皆様のご声援クリックに、いつも感謝しております。

皆様、こんにちは。じーやでございます。

本日は、ソフトバンク森福投手の獲得について、
このじーやの私見を、お伝えしようと思います。

その前に…
坂井オーナーに、お願いがございます。
始球式に、稲村亜美さんを指名したそうですな。
お早いご決断、流石でございます。 
彼女には…
甲子園に相応しい姿で投げさせてくださいまし。

甲子園で、水着は駄目ですぞ。

ちなみに…
このじーや…

稲村亜美より…速い球、投げれます!

まだまだ、じーやいけます!
多分…。


さて、FA宣言が予定されておりますソフトバンクの森福投手。
過去3年の成績を振り返ります。

※左から、年度、登板、勝利、敗北、セーブ、投球回数、被安打、被本塁打、四球、死球、奪三振、防御率

2014 58 2 1 0 47.2 32 2 14 3 47 3.02
2015 32 0 2 0 17 25 2 3 0 16 5.82
2016 50 2 1 0 27 23 1 2 3 23 2.00
(引用元 NPB.jp 日本野球機構)

このじーや、正直に申し上げまして、
日本シリーズ、交流戦でしか、森福を見たことがございませぬ。
タイプとしては、左のワンポイントという印象でございます。
投法からも被ってくるのは、山本かと。
山本ファンの方は、気になっているのではないでしょうか?

このじーやの記事「現有戦力で1軍枠を考える[投手編]」で、
該当する場所はここでございます。

-----
--- 中継ぎ ---
金田 ⇔ 歳内
島本 ⇔ 山本
高橋 ⇔ 安藤

金田、歳内は、先発が早めに崩れた場合のロングリリーフや、負け試合での中継ぎで期待します。
島本、山本は、左のワンポイントでございます。
高橋、安藤は、同点や1点差で競っている場面での中継ぎでございます。

期待しているのは、島本と金田でございます。
島本は、DeNA筒香を討ち取った投球が良かったですな。
そして、シーズン後半に、安定した投球をし、勝利も手にした金田でございます。
負けている場面でも、出てきた投手の頑張り次第で、勝利を手にすることもございます。

長いシーズンを戦う上では、重要なポジションでございます。
----- 

結論から申し上げますと…

森福は、獲得した方がよい。

このじーやの見解は、こうでございます。

島本には期待をしておりますが、山本含めて、
まだ経験が足りないように感じます。
また、ワンポイントは、
競った場面で起用されることが多いポジションでございます。

経験のある森福がFAするならば、
獲りに動いた方がよいでしょう。 

人的補償がないということも大きいですな。

知憲くん。
出馬、お願い致します。
このじーや、GOサイン出しておきます。

補強においては、
9月20日の記事「阪神タイガースの希望」の末文にて、
このじーや、既に触れております。

補強しなければならないのは、投手と内野手。

このじーやが現有戦力を考察した結果、
やはり、同じ結論でございました。

森福は、獲得した方がよい。

二度、言っておきます。 


追伸

ドラフト会議。
いよいよ、明日でございますな。

MBS毎日放送 4:53pm - 5:50pm
「プロ野球ドラフト会議2016」

知憲くん…。
今年は、きちんと確認してくださいまし。

どんな選手が入ってきても…
このじーや、
知憲くんの選んだ選手を、全力で応援いたします!


いつも応援ありがとうございます。
皆様のご声援クリックに、いつも感謝しております。

皆様、こんばんは。じーやでございます。

本日、このじーやの携帯に、お友達の金本知憲くんからメッセージがございました!
その内容とは…

LINEスタンプがランキング5位に入りました!

このじーや、固まりました…。
このじーやが求めていた内容とは、ほど遠い返事でございました…。
ちなみに…
じーやも妻に内緒で、金本知憲くんのLINEスタンプを購入いたしました。
早速、仕事中の妻にスタンプを送ると…
妻「スタンプ購入したん?」との返事が。
このじーやが、妻のメッセージに返信したスタンプは…

kanemoto_suman


多用しそうでございます…。

さて、昨日に引き続き、1軍枠(25人)を考察してまいります。
ドラフトや、FAで獲得予定の選手は含めませぬ。
あくまでも、現有戦力での考察でございます。
既に、フロントや首脳陣で、現有戦力の分析は行われていると思います。

どこが弱いのか分析せずに、補強はありえませぬ。

「⇔」は、調子によって入れ替えることを想定しております。
独断と偏見、妄想込みでございます。
ご了承くださいまし。

【野手】 13名

--- 捕手 ---
原口
坂本 ⇔ 梅野

来年も、恐らく原口、坂本、梅野の3人で先発マスクを争うことになるかと思われます。

扇の要ともいえる重要なポジション。

誰かが、どっしりと100試合以上の先発マスクを被るのが理想というご意見もございます。
しかし、現実的な問題として、3人ともまだまだ未熟でございます。
一長一短なのでございます。
このじーやは、この3人で1人前という評価でございます。
ですから、言いたい。

三本の矢になれ。

と。
これは、皆様もご存じの毛利元就の有名な言葉でございます。
先発マスクを争う間柄ではございますが、チームの勝利のために束になれと思っております。
ただし、今季から採用されたコリジョンルールにより、捕手登録は2人で十分でございます。
3人は多過ぎでございます。

原口は、努力によって裏打ちされた、坂本にはない「ひらめき」がございます。
ただし、2塁へのスローイングは改善されつつありますが、肩の弱さは弱点でございます。
広島を代表に機動力を多用するチームに対しては、少々不安でございます。
また、いつ、腰の爆弾が暴発するか…心配でなりませぬ。
立ったり座ったり、1塁のカバーに走ったり…と過酷なポジションでございます。
彼の姿を今後も長く見たいのであれば、彼はファーストにコンバートすべきでございましょう。
捕手登録は、原口の意気込みに敬意を表してのものでございます。
ただし、岩貞とのコンビは素晴らしく、岩貞が投げる試合では、原口捕手は必須でございます。

坂本は、3人の中でも最もキャッチャーらしいキャッチャーでございます。
オーソドックスなキャッチャーという表現が、適切でございましょうか。
ただし、このじーやは見破りました。坂本の弱点を…。
スコアリングポジションにランナーを背負った場面、大事な局面での配球に工夫がない。
つまり、坂本は、現時点では、引き出しが少ない…と言いますか、馬鹿正直すぎます。
これは経験して身につけていくしかないのでございますが…。
素質、キャッチャーとしての総合力は、3人の中でも一番上だと見ております。
現時点では、経験不足を露呈した格好になりました。
これは能見が言っていたことではございますが、
「まだ、1球の怖さを分かっていない。」という言葉に集約されるかと思います。
ただし、彼が成長するならば、阪神の捕手は10年安泰でございましょう。

最後に梅野。
梅野の最大の武器は、その肩でございます。
先日の広島戦で藤浪を助けた盗塁阻止。お見事でございました。
これによって、広島は足を使えなくなりました。
入団当初は打力を期待されておりましたが、
打力を捨ててでもリード面を磨いていただきたい。
捕手として何をすべきか。
それを実践できるようになれば、彼が正捕手の1番手でございましょう。
もっと、チャンスを与えてあげてもよい選手でございます。

このように一長一短でございます。
だからといって、即戦力捕手を補強する必要はございません。
楽天・嶋の獲得を止めたことは正解でございます。

三本の矢となれば、相手チームの侵攻を防いでくれるはずでございます。
それくらいの実力は、3人にはございます。

--- 内野手 ---
ゴメス
上本
大和
北條
鳥谷
西岡

北條を除き、全員が中堅以上。

このままですと、数年後は大変なことになりますぞ。

来年は、1つのポジションで2人の選手を競わせたいところでございます。
できれば、ショートとセカンドは固定したいのですが…。
まだ、そういうわけにはいかないようでございます。

ファーストは、ゴメスと原口。
セカンドは、上本と大和。
サードは、西岡と鳥谷。
ショートは、北條と鳥谷。

こんな感じでございましょうか。

野手のキーマンは、西岡と鳥谷。

このじーやは、そう見ております。

西岡は、現在もリハビリ中ですが、開幕までに間に合わせてほしいと願っております。

西岡が居れば、今年、阪神はここまで落ち込まなかった

と思っております。

福留同様に、野球を知り尽くしている男の復活が待たれます。
ただし、弱点は体力面。
90試合以上は出てもらわなくては困ります。
それ以外の試合を、鳥谷が埋めれるのか?がポイントになりそうでございます。

北條 vs 鳥谷

恐らく、こういう煽りを鳥谷は嫌います…。
しかし、

今季の自分自身を、鳥谷はどう思っているのか?

そこは聞きたく思います。
プロとして、反骨心が無くなってしまったのならば、引退すべきでございます。
恐らく、鳥谷は変わらない…。
与えられた場所で、淡々と自分の役割をこなす選手。
しかしながら、鳥谷ならではの方法で、来年、どう巻き返してくれるのか、注目しております。

成長著しい北條ですが、彼に慢心はなさそうでございます。

少し、髪型に洒落っ気が出てきたことは気になりますが…。

ショートに定着できるのか?
他球団のマークが厳しくなると予想できる中、今季以上の数字を残せるか?
そこに注目して見ていきたいところでございます。

上本 vs 大和

上本と大和に関しては、表裏一体セカンドでございます。
攻撃の上本、守備の大和。
この評価を来年、二人がどこまで覆せるか注目しております。

ゴメスは残留できるのか?

以前、ゴメスについては、お伝えしておりますので、ここでは割愛致します。
残った方がよい。
というのが、このじーやの見解でございます。

こうして改めて考察しますと、

内野手の補強は、必須だと感じます。

--- 外野手 ---
高山
板山 ⇔ 中谷
俊介
荒木
福留

絶対的レギュラーである、福留は外せません。
高山も、既に外せない選手に育ちつつあります。

恐らく、新人王当確であろう高山。
北條同様、来年はマークがきつくなると予想できます。
3割15本は期待したい選手。
高い目標を持って、更なる躍進を望みます。
二年目のジンクスは高山にはないと、このじーやは思っております。

この高山を意識する発言で注目を集めた板山。
このじーやの本心は、二人でバチバチやりあってほしい…。
高山と板山が守備面も含めて成長するならば、楽しみなオーダーが組めそうでございます。

中谷は、守備面は良いのですが、課題は速いストレートをはじき返せるか…。
少し起用な面がありそうなので、どういう選手を目指すのか?
自分自身の選手像を考えた上で、練習に取り組んでほしい一人でございます。

俊介についてですが、前任監督時代から「もっと使うべきだ」と思っていた選手でございます。
優しそうな顔立ちをしておりますが、ガッツもございます。
滑り込みセーフで一軍枠に入れさせていただきました。

最後に荒木でございますが、
彼のセカンドの動きは、内野手のそれではないと感じております。
外野手もできるのでしたら、外野手で。

荒木は、何か持っております。

気になる選手でございます。

外野は、福留が怪我した場合のみ不安

そういう評価でございます。
補強について噂される、糸井、大島、陽岱鋼の獲得は不要。
むしろ、お金が勿体ないというのが、このじーやの見解でございます。

このじーやの独断と偏見、妄想込みでお伝えしました「1軍枠を考える」。
皆様のお気に入りの選手が含まれていなかった場合は、すみませぬ…。

誰が出ても強い阪神タイガース

来年は、そんな阪神になると良いですな。 

追伸

このじーや…歯は抜かれませんでした!
虫歯でもございませんでした。
恐らく、疲れからだろうと思います…。
このじーやのブログですが…
3時間ほど費やして完成されます…。

いつも応援ありがとうございます。
この場を借りて、お礼申し上げます。

疲れと言えば…

北條よ。
だいぶ疲労が溜まっているようですな。
疲労回復には、豚肉とニンニクがよいですぞ!
ニンニクに含まれるアリシンは、豚肉に含まれるビタミンB1の吸収を助けてくれますぞ。
ガツガツ食べて、疲労回復でございます!

全国の北條ファンの皆様へ…。
北條がニンニク臭くなっても、嫌わないでくださいまし…。
このじーやは、北條が臭くなっても応援致します!

皆様、こんばんは。じーやでございます。

最終戦が終わった後、このじーや、福原の引退セレモニーで感極まる中、
お友達の金本知憲くんにメッセージを送りました。
LINEで…。
予想はしておりましたが…
やはり、返事はいただけませんでした…。
妻から聞きましたが、LINEにはブロック機能というものがあるようでございます。
届け、このじーやの思い…。

このじーや、あまりにも暇なので、1軍枠(25人)について考察してみました。
ドラフトや、FAで獲得予定の選手は含めませぬ。
あくまでも、現有戦力での考察でございます。
既に、フロントや首脳陣で、現有戦力の分析は行われていると思います。

どこが弱いのか分析せずに、補強はありえませぬ。

「⇔」は、調子によって入れ替えることを想定しております。
独断と偏見、妄想込みでございます。
ご了承くださいまし。

【投手】 12名

--- 先発 ---
メッセンジャー
岩貞
能見 ⇔ 横山

藤浪
サターホワイト
青柳 ⇔ 秋山

メッセンジャー、藤浪、岩貞は、来年、やってもらわないといけない投手

ただし、

優勝するには、もう一枚、10勝級のピッチャーが必要

このじーやは、そう考えます。
そこに、未知数ではございますが、「抑えよりも適正あり」と見て、サターホワイトを推しておきます。

是非、オープン戦で、サターホワイトの先発テストをしていただきたい。

期待しているのは、青柳、横山、秋山の3選手でございます。

青柳は、香田コーチの指導によって、ストライク先行のピッチングが可能になりました。
来年は、勝負の一年になりそうでございます。

また、横山が、今年の岩貞のように活躍してくれることを願っております。
彼は、良いものを持っておりますぞ。
怪我の内容を詳しく知らないのですが、良い状態で開幕を迎えてほしく思います。

そして、秋山ですが、以前から、「ゲームを作ることは出来る投手」という印象がございます。
今シーズン、勝利を挙げたことで、勢いに乗ってほしく思います。

阪神の先発は、「駒が揃っている」と言われることも多いのですが、

若干不安

というのが、このじーやの評価でございます。
4人目の10勝級ピッチャーを見つけることが、ポイントとなりそうでございます。
7連勝の先発投手を並べてみます。

岩貞→藤浪→メッセンジャー→岩貞→青柳→藤浪→岩貞

来年の開幕から、このような起用は、勿論、不可能でございます。
もう一枚にこだわり、3連戦を2勝1敗でいける戦力を整えたいところでございます。

--- 中継ぎ ---
金田 ⇔ 歳内
島本 ⇔ 山本
高橋 ⇔ 安藤

金田、歳内は、先発が早めに崩れた場合のロングリリーフや、負け試合での中継ぎで期待します。
島本、山本は、左のワンポイントでございます。
高橋、安藤は、同点や1点差で競っている場面での中継ぎでございます。

期待しているのは、島本と金田でございます。
島本は、DeNA筒香を討ち取った投球が良かったですな。
そして、シーズン後半に、安定した投球をし、勝利も手にした金田でございます。
負けている場面でも、出てきた投手の頑張り次第で、勝利を手にすることもございます。

長いシーズンを戦う上では、重要なポジションでございます。

--- 抑え ---
松田 ⇔ 岩崎
マテオ ⇔ 石崎
藤川

阪神の抑えといえば、JFKという言葉がすぐに出てきます。
7回から9回までを抑えのピッチャーに任せる継投で、2005年、阪神は優勝しました。
しかし、このじーやは、この考えに固執する必要はないと考えます。

先発は、最低でも7回投げる力を持ちなさい

と言いたいです。

4点差あるならば、完投せよ

とも思っております。
ただし、これが適用されるのは、現状、メッセンジャー、藤浪、岩貞の3選手くらいでございましょう。
3本柱以外の投手が先発した場合、且つ勝ち試合では、
やはり、7回から継投というのが現実的ではございます。

野球で難しいのは、9回よりも7回、8回。
特に8回は難しい。

以前、「野球は囲碁や将棋に似ている」とお伝えいたしました。
9回は、将棋に例えると既に詰んでいるケースもあり、
難しいのは、その前の7回、8回でございます。
特に8回は勝敗を決める上で、大切な局面を迎えることが多々ございます。
故に、

8回に力量のあるピッチャーを持っていきたい

というのが、このじーやの考えでございます。
JFKは、「8回にジェフ・ウィリアムスという素晴らしいピッチャーがいたので成立した」と思っております。
当時の久保田や藤川が、劣っているというわけではございませんぞ。

抑えで期待したいのは、松田と岩崎、石崎でございます。
松田は、以前から期待しておりましたが、今年は安定感がありましたな。
来年も今年くらいやっていただきたく思います。期待を込めて。
岩崎は、シーズン終盤の投球を見ますと、抑えの方が良さそうでございます。
石崎は、ヒーローインタビューでの内容、投げっぷりから明らかに抑え向きでございます。

7回を松田あるいは岩崎、
8回をマテオあるいは石崎、
9回に藤川

というのが、このじーやの考えでございます。

もう、藤川は終わったと思う人もいるかもしれませぬが、このじーやの考えは違います。

藤川の居場所は、9回のみ。

今シーズンは、先発、中継ぎ、セットアッパー、クローザー…。
使われ方が固定されず、彼本来の力が出せなかったことが一因でございます。
適材適所で、藤川を9回固定で起用すれば、相応の成績は残してくれるはずでございます。

まだ、藤川のストレートは死んでおりませぬ。

何よりも、タイガースファンは知っているはずでございます。

藤川の1Sは、ただの1Sではないことを。
そして、六甲おろしの前は、藤川が最も似合います。


チームが乗っていくためにも、
藤川が最後を締めた方がよいというのが、このじーやの考えでございます。
藤川も金本監督同様に、「見返してみせる!」と思っているはずでございます。

野手編は、また後日に致します。

追伸

じーや、明日、歯医者に行きます…。
既に3本、歯がございませぬ…。
悲しいことに、部分入れ歯でございます。
もう1本抜かれるかもしれませぬ…。

北條よ。
野球選手は、歯が命!でございます。
しっかり、歯ブラシして寝てくださいまし。

皆様、おはようございます。じーやでございます。
台風16号が接近しております。
外出の際は、くれぐれもお気をつけくださいまし。

さて、昨日の甲子園、ようやく巨人戦に勝利することができました。
試合後、金本監督のインタビューの中で、控え目に

スカッとしてくれましたかね?

と発言されておりました。
この発言を受けて、このじーやの率直な気持ちをお伝えいたします。

確かに気持ちの良い勝利ではございました。
岩貞が抑え、高山、板山、北條…

金本チルドレンの活躍で勝利。

ただ、この試合がCS進出をかけた試合でなかったことに、
消化試合であったということに寂しさを覚えます。
そして、

まだ足りぬ。今までの分、やり返せ!

とも感じました。
やってくれますな?金本監督。
このところ、連勝という言葉に見放されている阪神タイガース。
まずは、久しぶりの連勝をタイガースファンにプレゼントしてくださいまし。

これで、岩貞自身は3連勝。
開幕当初は、一体いくつ勝つのだろうか?と思ったものでございます。
あのときの勢いが戻ってまいりました。
立て直すことができたということは、実力がなければできませぬ。
これまで、打線の援護に恵まれず、まだ勝ち星は8でございますが、

今季の内容は、10勝に値する

と、このじーやは見ております。
問題は、これを続けていくことでございます。
当然、相手も岩貞を打ち崩そうと必死になってくることでございましょう。
岩貞よ。日々精進ですぞ。

そして、

進化する高山

についても触れておきます。
開幕当初は、バットコントロールとセンスでヒットを重ねていましたが、
今の高山は明らかに違ってきております。
自分のポイントを見つけたのでございましょう。
プロの配球にも対応できるようになってきました。

自分のポイントで自分のスイングが出来ているから長打も出る。

当初、少なかった四球も増えてきており、彼の野球に対する取り組み方は、
言うまでもなく素晴らしい。

君は、阪神タイガースの希望でございます。

前回、守備について言及しましたが、
あの福留でさえ、プロ入り直後はお粗末な守備でございました。
上手くなろう。その気持ちがあれば、克服できます。

このところ、気になってる選手にも触れておきます。

板山は、自分のポイントは持っておりますが、後は対応力でございましょう。
昨日の試合では、一度足を上げて、着いて、また上げるという場面がございました。
これは、タイミングが取れていない証拠でございます。
対応力を上げるために、タイミングの取り方を工夫してみてはいかがでございましょうか?
このオフに、右足のつま先とかかとでリズムを取る「すり足打法」に挑戦してみてはと思います。

試合には出ていなかったと思いますが、中谷についても一言。
彼に必要なのは、自分の間合いを作ること。
修正してきたことは感じられます。
確かに以前よりは、良くなっております。
ただ、足の上げ方は、今の打撃フォームではなく、
ダイナミックに上に上げた方がよいかと。
そして、軸で回転しなさい。
中谷には、ヤクルト山田の打撃フォームが参考になると思いますぞ。
変化球を打つのは得意なようですから、オフは速い球の打ちこみを重点的に行ってくださいまし。
後、バットのヘッドを投手に向けてもよいのですが、トップのときは立てることですぞ。

最後に、補強について一言。
糸井、大島を獲得する方向のようですが、このじーやは反対でございます。
今年、江越から始まり、高山、横田、中谷、板山…。
多くの若手外野手が出てまいりました。
彼らは、阪神タイガースの希望でございます。
外野手は、外から獲得するのではなく、この選手たちを育てていきましょう。

幸い、金本・掛布ラインは機能している。

補強しなければならないのは、投手と内野手でございます。
このじーやは、そう見ております。

↑このページのトップヘ