【阪神愛】じーやの独り言

阪神タイガース(プロ野球)について…時折、楽曲も織り交ぜながら、思いの丈を綴ってまいります。
1985年から遠ざかっている日本一。
命ある限り…そこを目指して阪神タイガースを応援していく所存でございます。
人の思いは…届きます。

タグ:能見篤史

皆様、こんにちは。じーやでございます。

オープン戦、終わりましたな…。
2連敗、2連勝ときて…
最後、
勝って終われたらよかったのですが…
それは、
オリックスも同じこと。

相手の思いが上回った…
そんな一戦。

じーやは、そう感じました。


昨日の敗戦を、
引きずる必要はないのですが…
開幕までの、この4日間。

各自が、

どのような調整をしていくのか?

本人が、
自覚してやるのがベストですが…
気付いていないならば…
周囲のサポートが必要。
じーやは、それを感じます。

特に、野手。
担当コーチ!腕の見せ所ですぞ。
言っておきます。



昨日の試合より…
気になった点だけ、お伝えしておきます。


1.大丈夫そうかな。能見。

これが、じーやの所感。

心配しておりましたが…

2回裏、4回裏…

西野一人に、
やられてしまいましたな。

西野一人で3打点。
次に対戦するときには、
やり返さないといけませんぞ。


この試合の能見。
苦しくさせてしまった…
2つの投球がございます。 

それは、初回。

ロメロと小谷野に投じた…
インコースのストレート。

判定はボール。

じーやには…
2球とも、ストライクに見えましたが…

審判の言うことは絶対。
これも、野球。

解説の方も、言っておられましたが…
ミットを動かすことで…
ボールと判定されることがございます。

自信を持って、
ミットを動かさないことで…
ストライクと判定されることも…。

打者だけではなく…
審判の特徴…
それも頭に入れて。梅野。

長いシーズン…
正捕手として、やっていくつもりならば…。
頼むぞ。梅野。



2.T-岡田は、左が苦手。

これも感じました。
今、不調なだけなのかもしれませんが…
ここは、相手の弱点。
次の対戦は、交流戦となります。
要所では、
頭に入れておいた方がよいですな。



3.能見バスター。

3回表、0-3と負けている場面。
1アウトから、梅野が一塁線を破る2ベース。
バッター能見。

バントの構えに…え?

と思いますが…
初球バスターでございました。
作戦としては、面白かったと思います。

良い当たりは、
前進していたT-岡田の正面。
梅野は飛び出してしまいますが…
これは、致し方ないと感じます。

タイガースは、能見をはじめ…
メッセ、藤浪…
そして…秋山。

バッティングの良いピッチャーが多いです。
これは、タイガースの武器。

ピッチャーだからバント。
そう思わせずに…

今後も、こういう攻撃は見せてほしい。

そう思います。



4.この犠牲フライを、よしとしては駄目。

4回裏。
1アウトから、
糸井、福留の連打でチャンスを作ります。
1アウト1塁3塁。

3点ビハインドの場面で出た…
1塁3塁の形。

大きなチャンスでございました。

原口の犠牲フライで1点を返しますが…
この犠牲フライを、よしとしては駄目。
何故ならば…

犠牲フライは、流れ終了のサイン。 

以前から、
ブログにて、お伝えしておりますが…
この得点の入り方は、よくない。
2アウトからでもいい…

タイムリーで、得点を奪いたかった。
ここが、
この試合のポイントだったと…

じーやは、そう感じております。



5.細かいことを言えば、きりがない。

2回裏、原口のエラー。
失点につながるエラーでございました。
全員で、それをカバーできなかった点。

4回裏、安達盗塁の場面。
北條よ。
ベースをまたがないと…
怪我しますぞ。

6回表、糸井タイムリー後の攻撃。
福留よ。
初球で良かったのかい?
糸井を走らせて…
攻撃にスイッチを入れてもらった方が…
良かったのでは?

6回裏、準備不足!岩崎。
投げた後の守備、怠らないように。
上本のファインプレーで助かりましたが…。


色々と…
思うところは、ございました。
言い出したら、きりがないのですが…。

淡々と、野球をやっていたら勝てませぬ。

負けている試合の中でも…
勝ちを拾うために、どうすればよいのか?
考えてやらないと…。

そういう意味では…
2-4となった2点差の場面。
1死からの継投。

ベンチに、ミスはなかった。

何とかして流れを拾おうと…
見ていて、それは感じました。



最後に…
打順については…

ホーム開幕戦スタメン予想に#挑む

このキャンペーンの弊害もあるのでは?

じーやは、それを感じます。

大変だね…知憲くん。
tomoaki-kun_26
出典:THE PAGE(撮影:黒田史夫)

じーやは、分かっておりますぞ。



今回の記事は、
選手への小言も含まれますが…
これは…
じーやからの檄でございます。

秋、春と…
取り組んできたことを、
無駄にしないためにも…

この4日間が、大事であること。

再度、お伝えしておきます。



良い開幕を…
迎えられることを祈って…。

頑張れよ。阪神タイガース。



追伸

ちなみに…
ここまでの総括として…
じーやの思いとしましては…

MVPは、金本監督ですな。

目立っていないでしょう?

ナイス、知憲くん!

これは…
チームが上手くいっている証拠。

色々と言われたとしても…
じーやだけは、味方でおりますぞ。



MVPは、知憲くん。

ただし…
頑張るのは監督ではない…。

そう…
やるのは選手です。



jiiya_aisatsu

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

皆様、こんばんは。じーやでございます。

じーやの3倍界王拳…

使用する前に…
不発に終わってしまいましたこと…
皆様に、お伝えしておきます。
……。

何故ならば…










30倍の重力に…
耐えられなかったよ…










瞼(まぶた)が…

……。

夜は寝ましょう。
寝ている間に、身体の細胞は作られます。
間違いない!


3倍界王拳は、失敗に終わりましたが…
いつかは使ってみたい…

20倍界王拳!

起きている間の…
20連続投稿…
いつかは…
やってみたいですな…。

3倍も使いこなせてませぬが…

予告しておきます。

じーや、チャレンジャー!



さて、
ここから先は…
前回の続き(西武戦)と…
巨人戦の所感を、
お伝えさせていただきます。



その巨人戦…
巨人のスタメンを見れば…
勝って当然。
いや…
勝ってもらわないと困ります。
そんな相手チームの布陣でございました。

少し…
喜びすぎちゃったかな…
率直な印象でございます。


では、西武戦の続きから。



【vs 西武(3月11日:甲子園)】

まずは、メッセについて。

5回、4失点。
結果だけみますと…
不安が先走りそうになりますが…
まずまずという内容。

立ち上がりこそ、
球が走っていない印象を受けましたが…
じーやは…
それほど心配しておりませぬ。

むしろ…
前日、どこのラーメン食べたの?
もしかして…
ラーメン抜いちゃった?!
そちらの方が気になりました。

開幕は、
ほぼメッセで確定と言われている中…
未だ知憲くんの初手に、
ワクワクしているじーやがいること、
お知らせしておきます。


そのメッセの失点の中で…
気になったことがひとつ。
投球内容ではなく、味方の守備位置。

5回表、阪神2点リードの場面。
スコアは、2-4。
北條エラー、岡田にヒットで繋がれ…
バントで送られたこの回。
1アウト2塁3塁という形を作られました。
迎えるバッターは、1番・金子。
センター前に運ばれますが…










北條!
何故そんなに前にいる!!

じーやは、思わず叫んでしまいました。

前進守備…
恐らく…
ベンチの指示だと思います。
ですが!
やらないといけない守備は…

1点は仕方ないが…
2塁ランナーを返さない守備。

この内野の前進守備で…
西武に同点を許すばかりか…
チャンスを広げられる結果を招きました。

これは、結果論ではない。
明らかに、まずい守備です。


昨シーズンにも見受けられましたが…
序盤、中盤での守備体系。

余裕がないよ!タイガース。

昨年、リーグ優勝した広島との差は…
打撃面だけではない…
失策数よりも、こういうところ。

1点あげても、まだリード。
2点取られても、まだ同点。

それくらいの余裕を持たないと。
じーや…
溜息が洩れたこと…
皆様に、お伝えしておきます。



じーやの独断ではございますが…
光ったプレーは…

6回表、浅村の…

捕手前、詰まったゴロをさばいた…
梅野の守備。

当たり前の守備ではございますが…
前に逃げていく打球。
追いかけての守備。
意外に難しいです。

落ち着いて、さばいていたところが…
好印象でございました。


そして…板山。
ここまで…
知憲くんと、じーやの期待を、
裏切っている形になっておりますが…

やっと、上体に柔らかさが出て…
やはりといいますか…
ヒットが出ました。

強い打球を打とうとすることも…
確かに大事。
ですが…
今は、このバッティングを、
続けてほしく思います。


そして、この日のピカイチは…

上本かな。

じーやチェックでも、推してきた上本。
俊介の打球を食らったときは…

持っていないな…上本。

そう感じましたが…

状態の良さだけで言うならば…
今、タイガースでNo.1なのでは?

そう感じます。



【vs 巨人(3月12日:甲子園)】 

この日の先発は、能見。
このじーやの不安は…
どんでんも感じ取っていたようです。
以前も、お伝えしましたが…

かつての能見のストレートは…
そこには、ありませんでした。

この日の4回1安打(自責点0)。
結果だけ見れば、素晴らしい内容。
ですが…
じーやの不安を…
拭い去ることはできませんでした。


恐らく…
開幕カードで投げるはずの能見。

初登板が鍵を握りそう。

この日は、
制球力主体の打たせて取るピッチング。
これが…
主力が揃ったカープ打線に通用するのか?

頼む!

祈りを込めながら…
見る展開になりそうな…
そんな予感がしております。


そして…良太!
西武戦では、3四球。
追い込まれてから四球を選べたあたり…
状態の良さを感じました。

この日は、福留に代わっての出場。
初球、ショート頭上を越すタイムリー。

お帰り。良太。

剛が、いない今…

良太のプレーで…
チームを鼓舞してほしい。

そう願います。



そして…江越!
サードへの内野安打…
ライト前へのポテンヒット。
2打席とも、形は決して良くはないです。
ですが…

江越を応援してくださるファンが…
沢山いらっしゃること…

それを感じられて…
じーやは、嬉しかったです。

ファンの思いをバットに乗せろ!
江越!

じーやは…
これからも江越を見守ります。
信じております。
お誕生日、おめでとう。江越。


それから…

俊介も…
相変わらず状態は、良いですな。

この日は、途中出場ながら2安打。
頼もしいね。俊介。

じーやが望んでいた…
中堅の発奮。

良太、俊介、上本…

じーやが…
タイガース優勝をイメージしている形に…
また、一歩、
近づいた気が致します。

関連記事(2017.01.31)
その注目を奪うくらいの気持ちで



この日も猛打賞の…
その上本。

アマ時代に天才と呼ばれた男が…
息を吹き返した…。
uemoto_04
出典:Yahoo!JAPAN

そう感じます。

もう…
迷わないよね?知憲くん。

開幕セカンドは、上本でいい。

今、ポジション争いの中で…
上本の…
眠っているポテンシャルが…
メラメラと呼び起されたこと…
じーやは感じ取りました。

知憲くんに…
返事をしておきます。




最後に…
じーやは… 
タイガースとのコラボ…
「ドラゴンボール」で配役されるならば…
孫悟空ではないです。

主役である孫悟空は…
タイガースファンである皆様。

じーやは…
どちらかと言えば…
こっち!










ナメック星の最長老だよ!
dragon_ball_saityourou
出典:Dragon Ball Wiki

ですが…
こんなに…
太ってないです…。

じーや…
シュッとしてるから!

読者の皆様!
じーやは…
亀仙人ではないですぞ!

多少は、そういうところ…
ございますが…。
いや、多分にか…
……。

じーや、今シーズンも好調。
見えてます。



明日は…

3番・糸井のようですな。

知憲くん… 
お返事いただき…
じーやの見ていた世界を…
また、ひとつ叶えてくれて…
ありがとう。


一緒に、優勝しよう。必ず。



jiiya_aisatsu

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

皆様、おはようございます。
じーやでございます。

今朝方、
他球団の方のブログを
拝見しておりましたが…
いくつか気になる記事がございました。

広島が、韓国KIA戦にて…
20安打で大勝(15-1)したとのこと。
若手主体とのことでしたが…
流石…広島。
昨年のセ・リーグ、チャンピオンチーム。

意識しすぎては駄目ですが…
このチームを、
勢いに乗せたくはないですな。

開幕カード…
こちらが勢いに乗っていきたいところ。

気の早い話ではございますが…

アウェイでの戦い。
実力通り力を発揮できるかは…
メンタル面も試される。

そんな試合になるのでは?
そう感じております。
球場の雰囲気に、飲まれるなよ…
今から、少々心配しております。

じーや、気が早すぎ!
交流戦の話といい…
じーや…
先走り過ぎて…すみませぬ。

関連記事(2017.01.25)
ペナントの鍵を握る交流戦


もうひとつ…
西武の雄星投手が胃腸炎になったとか…。

胃腸炎、流行っておりますか?

皆様も、ご存じの通り…
キャンベルも胃腸炎になりました。
そして…
じーやも胃腸炎に…

じーや、トレンディ!

トレンディといえば…










昔は、石田純一でございますが…
今は…










trendy_angel_takashi
出典:ナタリー

誰、これ?

とは言わないでくださいまし…。

サラリーマンっぽい…
見た目、普通…
この写真が…
特に普通…
このようなお方…
おりそうですな…。

この方、
トレンディエンジェルの…
斎藤さんではない方の…
たかしくんでございます。

ちなみに…
じーや…
トレンディであっても…
ここまで…
いっておりませぬ…
そこは、断言しておきます。

私信:ぐーちゃんへ
じーや、嘘は言いませぬ…。
一応、返信しておきます。

お口直しに…
こちらをどうぞ。










toritani_06
出典:Naverまとめ

たかしは、たかしでも…

やはり…こっち!

実験的に…
ここで一票入るかも…
そう思い…
こんなところにランキングバナー…
設置してみます。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

そろそろ…
鳥谷、見たいですな…。

北條に、
危機感を与えるためにも…

週末のオープン戦あたり…
出番は、あるのでしょうか?

ちょっとだけ、期待しております。

どう?知憲くん。
代打でもよいから…ね!
ファンも待っていると思います。


さて、
鳥谷の笑顔に癒されたところで…
22日の紅白戦(沖縄・宜野座)、
振り返りたく思います。

先程のバナーをクリックされた方は…
ここからの記事…
見ないのでしょうな…
そう思いながらも…

まずは、スタメンから。

【紅組】先攻

6 北條
9 俊介
7 高山
8 中谷
4 今成
2 梅野
5 大山
3 坂本

先発:メッセンジャー

【白組】後攻

4 上本
5 糸原
9 板山
2 原口
3 キャンベル
8 江越
DH 荒木
7 岡崎
6 植田

先発:能見

上記の通りでございました。



では、
このじーやの思いも混ぜながら…
試合内容をお伝え致します。


【1回表】白組:能見

この時期というのもございますが…
球速よりも球質…
とも言ってまいりましたが…
じーやには…

能見は、良く見えませんでしたな…。

皆様には、どう映ったでしょうか?

能見には、失礼であること…
重々承知の上…
ストレートが…
おじぎしているように…
そう感じてしまったのでございます。
このじーやの…
目の錯覚であればよいのですが…。

そうであってほしい…。

先頭の北條に、
外角ストレートをセンター前へ。
続く俊介は、チェンジアップで空振り三振。
唯一、
良いと思ったのは、この一球。

高山の当たりは、一二塁間へ。
上本が追い付くも…捕れず…
エラーの判定。

この試合、
いくつかございました厳しい判定。

じーやには、そのように見えました。

1アウト、一塁二塁。
中谷が四球を選んで満塁へ。
チャンスで今成。
しかし、打てず…。
見逃し三振。

もう…
今成は、崖っぷちでございますな。
まずいぞ、今成。
何のために、ここにいる?

二死満塁。ここで梅野。

知憲くんから受けた…
直接指導の成果を見せます。

外角ストレートをコンパクトに…
センター前に2点タイムリー。

じーやが…
梅野に求めていたのは、これ。
チャンスでは…
大きいのよりも…
実のあるバッティング。

梅野、ナイスアピール!

このままの調子で、
頑張ってほしいですな。

続く大山。
ヒット性の当たりは、植田のもとへ。
ここもエラーの判定。
厳しい判定ですな…。
これで3-0。

坂本を打ち取り、この回を終えますが…
点を取られたことよりも…

能見の球が、いっていなかったこと…
心配でございます。


【1回裏】紅組:メッセンジャー

能見とは対照的に…

今年もメッセは健在!

messenger_01
出典:デイリースポーツオンライン

上本、糸原、板山を三者凡退。

特に…
板山を見逃し三振に斬り捨てた…
内角低めのストレート。
梅野のキャッチングも良かったですが…
角度もあり…
威力もあり…
素晴らしい一球でございました。

キャンプ中、何を食べているのか…
そこは、気になります…。


【2回表】白組:能見

この回、能見は…
北條、今成から2つの三振を奪います。
しかしながら…
俊介、高山に連打を浴び…

どうも、ピリッとしません。

エラーも絡み…
またもや満塁のピンチ。
初回、
タイムリーを打たれた梅野を抑え、
このピンチを切り抜けますが…

今、能見に感じている不安が…
杞憂であってほしい…。

そんな投球内容でありましたこと…
率直に、お伝えしておきます。
次回登板を見守りたいですな。
じーや、心配。


【2回裏】紅組:メッセンジャー

キャンベル、来日初安打!

一二塁間を破る、クリーンヒット。
少々、当たりは渋かったですが…
結果が出て、良かったですな。

この日のキャンベルは…
このヒットを含め、全て出塁。
(1安打、2四球)

最後の四球(6回表)は…
ストライクだと思います…。

この日の試合は…

審判や記録員も調整中?

そう思われるような判定が、
少し多かったように感じます。

この回に話を戻します。
1アウトから、
キャンベルが出塁しますが…
江越が、5-4-3のダブルプレー。

江越も…崖っぷち。
……。

新婚の奥様のためにも…
何とかしろ!江越!
もう…
一人ではないですぞ。
じーや、言っておきます。

メッセが、
貫禄のピッチングで試運転完了。

体を絞ってきたことも含め…
意気込みが違いますな。

皆様も…
知憲くんも…
安心したのではないでしょうか?
じーやは…
勿論、安心いたしました。

後は…
お昼に何を食べているかだけ…
それだけ教えてほしいです…。
どなたか、情報くださいまし…。


【3回表】白組:藤川

じーやが投手のキーマンとして挙げた…

あぶらマン登場! 

球児…
じーやは、待っておりました。

先頭打者は、大山。
ここまで…
ヒットの出ていない大山。

この対決…
打撃練習のときにも実現しておりますが…
そのときの経験を活かしたのか?
ヒットを打つイメージが…
現実となったのか?
細かいことは、どうでもよいです。

大山、初ヒットおめでとう!!!

センター前へ、クリーンヒット。
この結果を…
皆、待っていたと思います。
誰もが安堵。
ここからが、スタート。

この回は…
俊介が四球でつなぎ…

高山がレフト前にタイムリー。

相変わらず…
勝負強さを発揮した高山。
今年も、頼もしいですな。

藤川の出来栄えは…
可もなく不可もなく。

これから…
といったところでございましょう。

これで、紅組が4-0とリード。

少し長くなりましたので…
次の回で終わります。


【3回裏】紅組:マテオ

メッセと比べるのはどうかと思いますが…

お腹、気になります…。

知憲くん…いいの?これ?
マテオだけいいの?
ちょっぴり…
それは感じてしまう…
じーやでございます。

そのマテオ…
こちらも、ピリッとしません。

四球2つ。2つの被安打。2つのエラー。

22(ツーツー)ライフですな…。by. 新庄剛志

味方の守備にも足を引っ張られましたが…
3失点。
う~ん…
どうなんでしょうか?

この回、
もうひとつ注目したいのは…
キャンベルの打席。

前進守備を敷いてきた…
味方の守備体系(外野)。
こんな前で良いのか?

全てにおいて…
見過ごせない回だと…
じーやは感じます。

そもそも…
味方に、なめられてるやん!
キャンベル!!!
そう感じてしまったのは…
じーやだけでございましょうか?

ただ…
キャンベルについてですが…

選球眼は悪くない!

外のボール球を見逃すところは、
好感が持てました。 

知憲くんは、
ランナーを返す役目を
キャンベルに
期待しているのかもしれませんが…

キャンベルの良さを生かした起用

これを考えていただければ…
キャンベルは戦力になりそう…
じーやは、そう感じました。


それを踏まえまして…

^.~.^+^.~.^+^.~.^+^.~.^+^.~.^+^.~.^+^.~.^
Update!(2017.02.24)
ポジション別序列 - じーや、チェック!
^.~.^+^.~.^+^.~.^+^.~.^+^.~.^+^.~.^+^.~.^

関連記事(2017.02.16)
見えてきたポジション別序列 - じーや、チェック!

この序列は…
じーやの独断と偏見がございます。
ご了承くださいまし。


【2. キャッチャー】

原口=岡崎>梅野=坂本

この日の梅野の活躍により…
このような形にさせていただきます。

ちなみに…
この紅白戦では、
坂本も、
4回表にヒットを打っております。
それも加味されております。

上記では、2極化を表しておりますが…
差が詰まってきましたこと、
お伝えしておきます。


【3. ファースト】

中谷=原口=キャンベル>板山

また意見が変わるかもしれませぬが…
起用方法(主に打順)次第では、

キャンベルは戦力になる。

見込み…。

今の打順(5番)で
起用するつもりならば…
じーやは、
ホームランよりも…
左中間、右中間を破る打球…
これを、
キャンベルには求めたく思います。

出塁タイプかもしれませぬが…。


【5. サード】

キャンベル=糸原>大山>今成

同じくらいの実力ならば…

今成よりも、大山で夢をみたい。

今成には、何か…
感じてほしいですな。
奮起を期待します。

現実的には…
キャンベルか糸原になるのでは?
じーやは、そういう考えです。

安芸のメンバー及び…
鳥谷は、序列に含まれていないこと…
ご承知くださいまし。


22日の紅白戦。
3回終了時点まで、
お伝えさせていただきました。

明日は、
オープン戦が、いよいよ始まります!

2017/02/25(土)
日本ハム - 阪神(名護) 13:00~

ベテラン組は、
スタメンには含まれないとは思いますが…
失敗を恐れず…
果敢に挑んでほしく思います。

頑張れよ。阪神タイガース!

次につながる良い戦いを…
期待しております。


jiiya_aisatsu

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

皆様、おはようございます。じーやでございます。

既に、ご存知かと思いますが…
WBCに、藤浪が選出されたようです。
良かったのか悪かったのか…
それは、じーやには分かりませぬ。
ただ…
藤浪本人は…
相当な気持ちを、WBCに抱いていたようで… 
モチベーションアップにつながるのであれば、
それはそれで、じーやは良かったと思います。

言いたいことは、ただひとつ。

それを、シーズンに結び付けてくれよ。

それだけでございます。


小久保JAPANとも言われる侍ジャパン。
応援は致します。
ただ…
各国の代表が、
ベストメンバーを組めないような状況で…

果たして大会としての意義があるのか?

そこは、疑問ではございます。 

意味があるとするならば…
大会で活躍した…

海外代表選手の選評くらいなのでは?

じーやは、そう感じます。

疑問といえば…
小久保監督の采配。
多くの方が、そう思われたと思いますが…
特に、印象に残っているのは…

則本を続投させた試合。

じーやからすれば、
あんな采配は、あり得ないですな。
結果論といえば、それまででございますが…
あそこは、クローザーを任せていた投手に、
投げさせるべきところでございました。

あの試合は、則本が悪いのではない。

明らかに、ベンチのミスです。

流れを無視した采配ほど、
見ていて酷いものはございませぬ…。
金本監督には、良い教訓にしてほしく思います。


じーや、不思議で仕方ございませぬ。
それほど…
球界は人材不足なのでございましょうか?
正直に申し上げまして…

じーやは、恥ずかしかったです。


その話を、昨日、妻に話しました。

じーや
「プロ野球界のために…
侍ジャパンの監督をやってもいいんだけど。」











「じーやJAPAN、弱そうだね…。」

じーや
「……。」

そんな、やりとりがあったことを、
皆様に、お伝えしておきます。
言う、じーやもじーやですが…
……。
心中、お察しくださいまし…。




さて、
気を取り直して…
阪神タイガースの話題に移ります。

優勝を…
日本一を目指すためには…
これまで…
じーやは、
いくつかキーワードを
挙げさせていただきました。

・現場への信頼
・主力選手への信頼
・ムードメーカーの存在
・勢いをつける采配(演出)
・打線
・阪神ファン

もうひとつ、加えます。

交流戦の存在。

これでございます。
1985年当時には、無かったもので…
今や、ペナントの行方を左右する、
重要な試合となっております。 

2005年と2008年には、

知憲くんが、
優秀選手賞を受賞しております。

tomoaki-kun_09
出典:column.sp.baseball.findfriends.jp

さらっと…
じーや、知憲くんをアピールしておきます。

ナイス!じーや!

では、
過去5年を、セ・リーグに焦点をあてて、
遡ってみます。

【2012】
リーグ優勝:巨人
交流戦:1位
交流戦セ・リーグ:1位

【2013】
リーグ優勝:巨人
交流戦:3位
交流戦セ・リーグ:1位

【2014】
リーグ優勝:巨人
交流戦:1位
交流戦セ・リーグ:1位

【2015】
リーグ優勝:ヤクルト
交流戦:8位
交流戦セ・リーグ:3位

【2016】
リーグ優勝:広島
交流戦:3位
交流戦セ・リーグ:1位

ご覧の通り…

その年の優勝チームは、
皆、交流戦にて、

セ・リーグ3位以内に入っていることが
分かります。

これがトレンドでございます。

ペナントの鍵を握るのは、
交流戦。

過去の印象から、
気になって調べてみたところ…
やはり、そういう結果でございました。

ちなみに…
阪神タイガースが、優勝した2005年は…
交流戦3位、
交流戦セ・リーグ1位であったことを、
補足させていただきます。

今シーズン、最初の勝負所は、
ここです。


少し前に…
ノムさん(野村克也氏)の右腕が、
広島専属スコアラーに配属されたと
報じられました。
違うんだ…

じーやは、今、フロントに伝えたい。

パ・リーグ全球団を丸裸にせよ。

今シーズン、勝つためには…
金本監督を含む首脳陣…
選手たちばかりに、その責務を
押し付けてはならない。

やるべきことは、やろう。
早めに動こう。

そう伝えたいですな。


そして…
交流戦で期待したいのは…
2013年に、優秀選手賞を受賞した…
この男。

noumi_01
出典:Imgrum

メッセ、ラーメン。僕、イケメン。

前回の狩野ネタを引き継ぎました…。

対戦経験の少ない相手に対して…
活きてくるのは…

やはり経験値。

能見の出来そのものが、
タイガースの浮沈の鍵を握ります。


昨シーズン、
中継ぎテスト登板にて…

147キロのストレートを計測。

近年、能見は、
フォークボールを
見逃される機会が増えております。
ただ…
あのとき投げたストレートを
投げられるのであれば…

フォークボールも復活するかと。

そして、
能見の生命線は…

クロスファイヤー。 

昨シーズンは、
ボールと判定されることが
多かったように感じます。

球威で、審判の手を上げさせるような…
そんな球を投げ込んでほしく思う…
今日この頃。


最後に…

能見、ごめんな。
今まで、勝たせてあげられなくて…。

あなたは、もっと勝っていいピッチャーだ。
そう、伝えたいですな。


jiiya_aisatsu

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

皆様、こんにちは。じーやでございます。

皆様、昨年末は、どのように過ごされましたか?
じーやの家では…
毎年恒例のガキ使を視聴…
ではなく…
こちらは録画して…
RIZIN(格闘技)を見ておりました。
浜ちゃんのヅラだけは、チェックしました!

じーや…
お笑いも大好きですが…

格闘技も大好きでございます。

大晦日のRIZINは、
ミルコ・クロコップが、
バルト(元大関・把瑠都)を一撃でKOするなど…
見どころが沢山ございましたが…
今後の展開を含めて…
気になる試合がございました。

ギャビ・ガルシア vs 堀田裕美子

この試合でございます。
もともとの対戦相手は、神取忍。
神取の怪我により、その代役での参戦でしたが…
秒殺KO…。
じーや…
思わず失笑してしまいました…。

試合後、次の対戦相手を巡って、
ひと悶着あったようでございますが…

女子プロレス界の威信をかけて、
ギャビの首を取りに行ってほしい。


そう、伝えたいですな。
じーやの考える総大将は…
この人しかおりませぬ…。

dangerous_queen
出典:www.actv.ne.jp

遅くなりましたが…

乳癌からの復帰…
おめでとうございます。


現実的には…
長与千種あたりが総大将でございましょうが…
一夜限りでもよいので…
見てみたいですな…

デンジャラスクイーンの復活を。

格闘技、女子プロレスに全く興味のない方…
すみませぬ…
最近は、ご無沙汰しておりますが…
女子プロレスについては…
ミミ萩原あたりから…
(以下、略)
予想以上に、綴ってしまいました…。

最後に…
格闘技に全く興味のない方でも…

神童・那須川天心(なすかわてんしん)

この名前は、覚えておいてもよいかと思います。
じーやが衝撃を覚えた…
格闘技界のニュー・ヒーローでございます。


さて、
昨シーズン…
阪神タイガースにも、
ニュー・ヒーローが、何人も誕生いたしました。

野球でいうヒーローとは…
一般的には…

試合の勝敗を決する選手

かと思います。
特に応援している選手も、
その方にとりましては、ヒーローでございましょう。

何人も誕生したニュー・ヒーローの中から…
この選手を取り上げさせていただきます。

岩貞祐太投手でございます。

iwasada_01
出典:楽天ブログ - 楽天市場

昨シーズンの成績は…
10勝9敗、防御率2.90(5位)、奪三振156(4位)。
メッセンジャーと共に…
2桁勝利と貯金を作ってくれました。

岩貞が、いなかったらと思うと…
背筋が凍ります…。

シーズン序盤の神がかり的なピッチング…
強烈なインパクトでございました。

9勝ではなく、10勝で終われたことも…
良かったですな。
不調の時期もございましたが…
そこから立ち直ったことは、
今シーズンに、繋がってくると思います。


岩貞の良さは、何といっても…

腕の振りを含めた、
投げっぷりの良さでございましょう。

そして…

ストレートと同じ腕の振りから、
変化球が投げられます。

三振を奪える秘訣は、ここにございます。
そして、これは…

一流投手の特徴のひとつ。

そういう意味では、能見と重なります。
能見同様に…
調子のバロメーターは…
腕が振れているか?
じーやは、そういう見方でございます。

相手も当然、研究してくるでしょうが…
今シーズンも…
その相手を上回り…
更なる飛躍の年にしてもらいたい…
そう願います。


その岩貞の来季の目標は…
本人の12…13から、15勝へと上方修正されました。
勝ち数を伸ばすのも良いですが…

負けない投手を目指してほしい。

以前、ブログにて…

岩貞には、エースの資質がある。

そう、お伝えいたしました。

打線との兼ね合いもございますが…
相手に先制点を与えない。
先制点をもらった後、必ず抑える。
そして…

”絶対負けない!”という
強い気持ちを持って…
マウンドを守ってほしく思います。

ブルペンを楽にする意味でも…
完投数にも、こだわってほしいですな。


そんな岩貞に…
じーやの思いを込めて…
この曲を捧げます。
RIZINに参戦したRENA選手の入場曲でもある…

絶対負けない! / エイジア エンジニア



そして…
以下は、阪神タイガースへのエールでございます。

(曲中歌詞より)

まかせろってんだ 何ビビってたんだ
見渡してみな 感じるだろ?来てるいい波が
最後にはいい涙 流して抱き合って笑い合って
健闘を讃え合って 喜びを噛みしめるんだって

(中略)

前評判は関係ねぇ ダークホースで良いんじゃねぇ?
全速力で頑張れ

誰にも負けない 決して曲げない
誰にも負けない強い気持ちがあったら負けない


ちなみに…
じーや…
この歌は歌えませぬ…。


追伸

1月4日深夜に放送されました
MBS「戦え!スポーツ内閣」。
その番組内…
「糸井嘉男豪快伝説」のコーナーで…

「ぼくらのバロム1(ワン)」が
流れました!

入場曲では採用されませんでしたが…
じーやの思い…
また、届きました。

MBSさん…ありがとうございます。

関連記事
超人・糸井特集


jiiya_aisatsu

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

皆様、こんばんは。じーやでございます。

本日(25日)は、このじーやの大好きなサンテレビでの中継。
解説は、山本昌さんと広澤克実さんでございました。
野球を良く知っていらっしゃるお二方の解説。
楽しく観戦することができました。

その中で、このじーやが感心した内容を取り上げさせていただきます。
山本昌さんの言葉の中で、

8番バッターで切ることを考えて投げていた。

という内容でございます。
山本昌さんが、長く活躍できた理由のひとつとして、このじーや納得致しました。
野球のメカニズム(仕組み)を知っていなければ、発言できない内容でございました。
上記内容は、ブログ内でも度々お伝えしておりますので、割愛致します。
ご興味のある方は、記事「金本采配について一言」をご覧くださいまし。
記事検索「敬遠」でも、ご覧いただけます。

本日の中日戦ですが、所感といたしましては

中日のミスで、いただいた試合

でございました。

2回裏、中日の采配。先頭バッターが出たところで、5番にバントをさせます。
この時点で、じーやは、ほぼ阪神の勝利を確信しておりました。

以前、ブログ内で、「野球は囲碁や将棋と似ている」とお伝えしましたが、
この初手は、紛れもなく悪手でございます。

囲碁や将棋に定石があるように、野球にも定石は存在致します。

3連勝と阪神に良い流れがきている中で、この悪手は阪神に追い風となりました。
消化試合という中ではございますが、

勝てる試合を落とさなかった

ここは、来シーズンに向けても大切なことでございます。

強いチームは、相手のミスを逃しませぬ。

阪神タイガースが来シーズン飛躍するためにも、
こういう積み重ねが大事でございます。

そして、上本よ。よくやった。
3回表、岩貞のバントミスもあり、試合がこう着する中、よくぞ仕留めました。
あそこで点が入っていなければ、ややこしい展開になっていたかもしれませぬ。
7回表の盗塁も見事でございました。
昨日、良いところが出ませんでしたが、金本監督の采配に拍手でございます。

上本の攻撃力は魅力的でございます。

金本監督も、改めて再認識されたのではないでしょうか。
ただし、現状、甲子園(後攻)でのスタメンは、やめておいた方がよいですぞ。
くどいようですが、このじーや、助言しておきます。

投げては、岩貞がよく踏ん張りました。
これで4連勝、9勝目。
制球が定まらない中、よくゲームを作りました。
早めの降板は、10勝目を狙わせるため。
このじーやは、10月1日の先発は岩貞だと予想しております。

そして、岩貞には、来シーズン以降の期待を込めて、
福原が背負っていた「28」を継いでほしいと願います。
原口には「22」を。

黄金バッテリーの復活!

当時、江夏と田淵が「黄金バッテリー」と呼ばれていた背番号を、2人に与えてくださいまし。

このじーや、原口の選手寿命を延ばすことや、その打撃力を活かすべく、
来年はファーストへコンバートさせるべきという考えを持っております。 
その考えは、今も変わらないのでございますが…。

そして、能見の中継ぎ登板にも触れておきます。
先日のDeNA戦での球速が、130後半から140前半でございました。
本日、計測された球速は、147と146。

腕を振る感覚を、取り戻させるために投げさせたのならば理解できます。

本気で中継ぎ転向でございましょうか?

それよりも、このじーや、来季の配置転換について、提案致します。

オープン戦で、サターホワイトを先発させてくださいまし。

調べると、彼は来日前、制球難で苦しんでいたようでございますが、
日本でのピッチング内容を見る限り、制球難で崩れるような感じはいたしませぬ。

第2のメッセになりうる可能性は十分ある。

このじーやは、そう見ております。
是非、ご検討くださいまし。
セットアッパー、クローザーについては、また別の機会にお話し致します。

これで今季3度目の4連勝でございます。
本日、試合のなかった4位ヤクルトとの差も0.5になりました。
壁を越えてほしく思います。
5連勝の壁、ヤクルトの壁を。
そして、甲子園での3連勝を期待せずにはいられませぬ。

甲子園での戦い方。まずは、守りから。

この一言を金本監督に送ります。

皆様、こんばんは。じーやでございます。
このじーや、体に力が入りませぬ…。
負けました。
皆様、既にご存じのことかと思いますが、

今日の敗戦でCS進出の可能性がゼロになりました。

力が入らないのは、それだけではございませぬ…。
このじーや、以前、アンケートを作成したのですが…。
その選択肢の北條選手のところを、「北条」と間違えてしまいました…。
ご指摘いただきました方、ありがとうございました。

北條よ。すみませぬ…。もう、直すことができませぬ…。
じーや、反省しております。

試合を振り返ります。
先発は能見。DeNAはモスコーソ。
気になったのはスターティングメンバー。

昨日、猛打賞の福留の姿がありませんでした。

以前、「不可解なスタメン」でも書きましたが、
そのときは、原口が猛打賞の後、スタメンから外されました。
福留がサイクルヒットの後、このときも翌日スタメンから姿を消しております。

これらの意図を説明してくださいまし。金本監督。

初回、能見はテンポよく3者凡退にDeNA打線を討ち取ります。
3番ロペスに対して、制球を乱しますが、よく抑えました。

しかし、

スライダーの曲がり具合がよくありません。

4回表は、指にかかったのか、いつものスライダーに戻りますが、
それ以外の回は、初回同様、良くないスライダーでございました。
5回表の失点は、その球を白崎に打たれます。筒香にも…。
その球を選択するしかなかったバッテリー。
本日の苦しさが伝わります。
その前の、

ピッチャーに四球は論外でございます。

ただ、筒香に打たれた、あの場面、皆様はどう思ったでしょうか?
じーやは、こう見ておりました。

高山でなければ、捕れていたのでは?

恐らく、解説が赤星であれば、間違いなく指摘したであろうシーンでございます。

一歩目が違う。

高山をセンターで起用する理由も、何となく理解はできるのですが、

高山で1点取っても、3点取られれば意味がない。

ここは厳しく指摘しておきます。

1回裏、福留に代わって4番に入ったゴメスの先制2ラン。
この回、先日の流れのままに先制しますが、問題はその前のシーンでございます。
先頭の北條が四球で出た後、2番荒木が高めの初球
(見逃せばボールではないでしょうか?)
を凡打でフライアウト。
「ファーボール後の初球」は狙い球としてセオリーでもありますが、

あの場面は、フライは打ってはいけない場面。

手を出すならば、叩いて引っ張らないといけませぬ。
ここで荒木が進めるバッティングが出来るのであれば、
3回表、追加点を狙う場面で、バントのサインは出なかったはず。
このじーやは、そう思っております。
そして点が入らず、DeNA白崎のホームランが生まれます。

今日の試合は、今年の阪神タイガースを象徴する試合

でございました。
これで、完全にCSおよび日本シリーズへの道は閉ざされました。
2016年、終戦でございます。

しかし、まだ試合は残っております。
お願いでございます。
これ以上、全国の阪神タイガースファンを失望させるのは、ご勘弁くださいまし。

追伸

上本よ。
過ぎ去ってしまった失敗を悔やむより、前を向いてやるしかないと思いますぞ。
同じ失敗をしないように、何をすればよいか考えて日々の練習に取り組んでくださいまし。
攻撃面では良いものを持っているだけに、これで評価を下げるのは勿体ないですぞ。
それから、足がつらないように、秋季キャンプにはバナナ持参ですぞ!

皆様、こんばんは。じーやでございます。
このじーや、NHKの受信料を払っていないため、NHKは一切見ておりません。

サンテレビさん、お願いです。
全試合、阪神戦の中継を検討してくださいまし。 

試合開始から試合終了まで放送してくださるサンテレビさんは、じーや大好きでございます。

本日、金本監督の采配は、ほぼ完璧でございました。

勿論、選手たちも頑張っておりました。
先発の能見は、6回表、先頭打者を四球で出すまで完璧な投球でございました。
坂本も、よくリードしておりました。
ただ、筒香に対して、ボール3ストライク2になった場面、
ボールからストライクになるフォークを要求しても良かったのではと思います。
初球の入り、インコースのボール球を要求した辺りは、見事でございました。
坂本は、コントロールの良いピッチャーならば、これくらいはやれますな。 

金本采配に話題を戻します。
後攻の阪神。
守りからリズム(流れ)をつかむ、スターティングオーダー。
良かったと思います。
3塁を守る鳥谷の笑顔を見たとき、じーや、今日は勝ってほしいと願っておりました。

最初の采配は、4回裏、大和へのバントだったと思います。
試合の流れから、1点差勝負と見た采配のように感じます。
守備妨害で走者は進めることはできませんでしたが、采配としては間違っていなかったと思います。

バントの失敗を帳消しにするタイムリーを放った高山。
じーやの見ている試合では、今季3度目。見事でございました。
 
そして、同点になった6回表。
1点差勝負と見かたからこそ、好投の能見が筒香を四球で歩かせ2死満塁となったところで、投手交代。
理にかなった采配でございました。

そして、しびれる采配は、同じように先頭の北條が四球で出た場面。
打者は大和。初球バントの構えからバスターエンドラン。
その前の回で、能見の作ったピンチをサターホワイトが抑え、流れが阪神に向いた場面。
2点から3点は入ってもおかしくない流れになったからこそ、バントではなくエンドラン。
成功したかのように見えましたが、守備妨害。アンラッキーでございました。

北條の足にも当たっておらず、走路を守っていた北條は守備妨害にならないのでは?

このじーや、調べました。
例え走路を守っていても、守備を妨げてはいけないのだそうです。
これは、もう、審判の判断に従うしかございません。
運がなかったとしか言いようがございません…。

流れがDeNAに傾くかと思われましたが、サターホワイトが、きっちりと抑えました。
DeNAは次の回、ピッチャーから始まる打順でございます。チャンス!
そして、野球を知っている男、福留のホームラン。
この段階で、じーやは勝ったと思っておりましたが…。

1点差勝負の場合、2死から試合が動くことが多々ございます。

唯一悔やまれるとしたら、8回表2死筒香の場面で、ワンポイントの投手交代があってもよかったのかなと思いますが…。
これは、結果論でございます。

本日のような試合を続けていけば、大丈夫でございましょう。
じーや、明日は試合を見ることができませんが、連敗ストップを期待しております。

追伸

本日スタメンでヒットを打った鳥谷選手。
結果を出したので、続けてスタメンで使ってほしいと願います。

ですが、何試合か前に、直前の打席でヒットを打っていた中谷選手に代打となった場面がございました。
その打席で、鳥谷選手はヒットを打ったのですが…。

金本監督は、自らの采配で鳥谷選手の記録を断ちたくはないと思っているはずでございます。
ですが、チームの勝利が最優先事項のはずでございます。
もう既に話し合われていると思いますが、記録について、鳥谷選手と話し合われてみてはいかがでございましょう?
次に同じような場面があった場合、どのような采配をするのか、このじーや、見守っております。

本日の試合、負けはしましたが、良い試合をありがとうございました。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

皆様、こんばんは。じーやでございます。
今宵も、良い気分でお酒を飲んでおります。

DeNaのベンチワーク、メッセンジャーの3安打を見て、勝利を確信致しました。
更に言わせていただければ、CSの最大のライバルはDeNaではなく、ヤクルトでございましょう。
時期的に、CSを見据えた戦いをしていただければ幸いでございます。

ピッチャーは、よく、「9番目の野手」と言われますが、
そのピッチャーがヒットすれば、おのずと、チャンスは広がります。
試合展開にもよりますが…

メッセンジャー、能見、藤浪

上記の3人は、ケースによってはヒッティングさせるということも、
作戦のオプションとして加えていただければ幸いでございます。
特に、ベンチが迷いそうな1死1塁のような場面で。

しかし、2アウトから、メッセンジャーがヒットで出たとき、
正直、このじーや、「打たなくても良かったのに。」と感じておりました。
なぜならば、続く、1番の上本選手が倒れれば、横浜の流れになっておりました。
このじーやの心配は、杞憂でございました。
上本がヒットで繋ぎ、2番の北條が四球で繋ぎ、3番の高山が仕留めました。
メッセンジャー含む、4人の活躍で、試合の勝敗を決定づけました。

今の阪神は、強い!

しかし、抑えていたピッチャーを変えると、相手に流れが渡る場合がございます。

4点差以上ある場合は、先発ピッチャーを変えてほしくない。

というのが、このじーやの本音でございます。
ここ数年、阪神は、このあたりのピッチャーの使い方で、終盤失速ということがございました。

昨今のプロ野球において、先発完投というピッチャーが少なくなりました。
投手の役割分業化が進む中で、致し方ないのかもしれまんせんが、
本当に強い阪神を作るためにも、 是非、先発完投できるピッチャーを育てていただきとうございます。

最後に一言…。

先日、活躍した坂本捕手がスタメンから外れておりますな。
前日、結果を残した選手は使ってくださいまし。
その中から真の競争は生まれます。

↑このページのトップヘ