【阪神愛】じーやの独り言

阪神タイガース(プロ野球)について…時折、楽曲も織り交ぜながら、思いの丈を綴ってまいります。
1985年から遠ざかっている日本一。
命ある限り…そこを目指して阪神タイガースを応援していく所存でございます。
人の思いは…届きます。

タグ:岩崎優

皆様、おはようございます。じーやでございます。

ここ2日間、
日本シリーズを記事にしてまいりましたが…

広島を倒すためには、
どうすればよいか?

このじーやは、
そういう目線で、このシリーズを見ております。

今のところ、隙が見当たらない…。
正直、困っております。

ですが、
来シーズンも、必ず敵になる相手。
知憲くんを助けるべく…
しっかりと見てまいります。

今、思いつく策は…

広島戦には、捕手・梅野で戦え。

このじーやが現戦力で戦うならば、
そう考えます。
まず…

広島の足を封じなければ、
互角に戦うことができませぬ。

勿論、投手の手助けも必要でございます。

投手が普通に投げてもらえれば、
2塁で刺せる。

矢野も、そこを目指していると話しておりました。
ならば…
クイックタイムは、1.2秒以内。
送球タイムは、1.9秒以内。

投手や梅野だけでなく…
原口、坂本、岡崎にも、
そのレベルを求めます。 

恐らく、矢野もそれを考えているはず。 
現在、秋季練習では、
走力を計測しているようですが…
今シーズンの課題のひとつでもある、
バッテリー強化も、

基準を明確にして取り組んでくださいまし。 

広島の足を封じることができれば、
勝てる確率は上がります。

そして、そのお手本となった試合が、
シーズン終盤戦の広島戦(9月22日)でございます。
先発は、日本シリーズでも勝っているジョンソン。
この試合は、藤浪、梅野のバッテリーでございました。
このじーやの記事では、
流れを渡さなかった藤浪」でございます。

この日、藤浪の投球は、
確かに素晴らしいものでございました。
ですが、
その藤浪を助けた梅野の盗塁阻止は、
やはり見逃せませぬ。

北條の先制ソロ直後、
広島の攻撃を食い止めた藤浪、梅野。
これ以降、足を使えなかった広島。

打倒広島のヒントは、
ここにあるように感じます。


さて、秋季練習では、全体的に、
良い練習をされているように感じております。
練習に工夫が見られます。
良いことでございます。
ただ、大事なことは…
選手が、それを

感じて取り組まなければ、
全く意味がございませぬ。 

練習内容の意味を感じなければ、
ただのパフォーマンスでございます。
北條は、練習の意図を理解しているようで…
このじーや、安心しております。

一流と呼ばれた選手たちは、
そういった工夫を自らの手でやってきております。 

やらされる練習ではなく、
自分で考えて練習してくださいまし。

与えられたメニューは、こなせばよいでしょう。
差が出るのは、自由時間の使い方。
このじーやは、そう思います。

このシーズンオフは、本当に大事ですぞ。
今、つかみかけたものを、
確かなものにする時期。

何もつかんでいない選手は、
ここで、きっかけをつかまないと、
脱落します。

追伸

残念なお知らせが届きました…。
中尾スカウトと北村スカウトの退団でございます。

中尾スカウトは、ご存じの通り、
岩崎、原口を発掘したスカウトでございます。
北村スカウトは、
岩貞、青柳を発掘してくださいました。

プロの世界は、結果が全て。

このじーやは、そう思います。
年齢的にも、まだまだ活躍できるお二人。
ドラフト前に決まっていたとのことですが…
本当に残念でなりませぬ。

共に、中日出身でもございます。
プロ野球界では、よくあることですが…
中日から再建のために、声がかかったのか?
もし、そうならば…
プロ野球発展のために、
喜んで送り出してあげたく思います。

中尾スカウト、北村スカウト、
お疲れ様でございました。
そして…
ありがとうございました。

岩貞、原口、岩崎、青柳よ。
この恩人のためにも…
来シーズン、活躍して、
恩返しせよ!



最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。
皆様のご声援クリックに、いつも感謝しております。

皆様、おはようございます。じーやでございます。

このじーや、昨晩は、パリーグのCSを見ておりました。
試合の途中からではございましたが…
大谷翔平を見ておきたく…。
ただ、お伝えしたいのは、大谷の投打に渡る活躍ではございませぬ。

流れの怖さを感じた5回裏

についてでございます。

試合は、大谷と武田の投手戦で始まります。
4回まで、大谷は被安打1。武田は被安打2。
試合が動いたのは5回裏。
先頭のレアード、続く大谷のヒットで、ノーアウト1塁2塁になります。
日本ハムは、大野に、当然バントのサインを与えます。
しかし…
武田がバント処理を誤り、
痛恨のエラーで無死満塁のピンチを迎えてしまいました。
ですが、

無死満塁は、意外にも得点が入らない形。

このじーやは、2つケースを想定しておりました。

1つ目は、
武田ほどの投手であれば、無死満塁という形を味方に、
このピンチを乗り切るというケース。

2つ目は、
エラーにより、日本ハムに流れが大きく傾くケース。

結果は、皆様、ご存じの通りでございます。
日本ハムに流れが大きく傾き、ビッグイニングとなりました。

この場面で、このじーやは確信したことがございます。

岩崎の抑えとしての資質を。

過去の記事を振り返りたく思います。

記事「鳥谷救った岩崎、高山、荒木、梅野!」より。
-----
そして、7回表…。
今年の阪神を象徴するプレーが連続致します。
青柳のエラー、そして…まさかの鳥谷トンネル…。
これは、スタメンの布陣が攻撃重視だったため、ある程度は予測しておりました。
(中略)
通常、あの場面、試合が壊れてもおかしくない場面でございました。
2つのエラーとワイルドピッチ(*1)が絡んだ中、最少失点の1失点(自責点0)で抑えた岩崎。

*1 あれは、明らかにパスボールでございました。こら!坂本!

岩崎のピッチングがなければ、今夜の逆転劇は生まれませんでした。
-----

武田クラスのピッチャーでも、抑えることが出来なかった場面。
岩崎は、試合を壊しませんでした。

このじーやが考える抑え投手に必要な要素として、
3つの要素を挙げさせていただきます。

1.三振を奪える球種があること。
2.自滅しないこと。
3.相手の流れを止める力量があること。

1番目の要素については、心配無用。
彼のストレートは、三振が奪えるストレートでございます。

大事なのは、球速よりも球質。
そして、ストレートは、投手の一番の武器でございます。

今年、阪神の若手が、変化球は捕えられても、
ストレートに苦戦するというシーンを、
皆様も何度となくご覧になったかと思います。
そういうストレートを持っている投手は、
打者として嫌なものでございます。

ですから、岩崎に言いたい。
そのストレートを磨きなさいよ、と。

2番目の要素については、まだ未知数ではございますが、
登板数が増えていく中で、それは明らかになるかと思います。

特に大事なのは、3番目の要素でございます。

岩崎はあの日、
それを自らのピッチングで証明しておりました。

フェニックスリーグでも、現在、好投を続けております。
掛布二軍監督も、「抑えて当たり前」の評価。
知憲くんの腹の中は、既に決まっていると思われます。
今、行われているのは、確認の作業のみ。

3連投の試験が終われば、7、8、9回のワンピースは埋まります。

金本監督が決断した終盤での起用。配置転換。
来シーズン、この決断が、大きな武器となり、
阪神に勝利をもたらすことを…
このじーや、昨晩のCSで確信致しました。

そして、もうひとつ触れておきたく思います。
原口だけでなく、この岩崎を発掘したのも、中尾孝義スカウトでございます。
現役時代、中日、巨人、西武と渡り歩いた名捕手でございました。

その眼力で、今後、どんな選手を発掘してくれるのか…
今年のドラフトにも注目いたしましょう。


いつも応援ありがとうございます。
皆様のご声援クリックにより、このじーや、パワーを頂きました!
感謝を忘れずに、オフも更新に励みます。

皆様、こんばんは。じーやでございます。
少し前になりますが、このじーや、金本監督と、お友達になりました。
LINEで…。
「金本知憲オフィシャルブログ」のことでございます。
まだ、コメントはしておりませぬが、試合開始前、LINEメッセージは送らせていただきました。
当然、返信はございませぬ…。

試合を振り返ります。

先発は、青さん(青柳)。ヤクルトは山中。
序盤、青柳は、ストライク先行のピッチング。
上々の立ち上がりでございました。

1回裏、1番の板山が金本監督の起用に応える3塁打。
あの当たりで3塁打にするとは…走力がありますな。
続く北條が、4連勝の勢いそのままに、左中間を破る先制タイムリー2塁打を放ちます。

回は飛びますが、
前回、「恥ずかしいプレーと采配」で指摘した同じ場面での守備。
ショートゴロで相手ランナーをホームで刺し、しっかりと失点を防ぎました。
プロとして当たり前のプレー。
褒めはしませんが、

同じ失敗を繰り返さないことは、大切なことでございます。
北條は、来年が本当に楽しみな選手に成長しております。

そして、注目したいのは、高山とゴメスの進塁打でございます。
それぞれ、ノーアウト2塁での打席。
共に追い込まれてから、最低限の仕事をいたしました。

得点には結びつきませんでしたが、これを継続していただきたい。
来年以降、必ず実を結ぶはずでございます。

クリーンナップに対して、通常ベンチからバントのサインは出せませぬ。
本来、ランナーを返すのがクリーンナップの仕事でございます。
しかし、最低限の仕事ができれば、得点力は上がってくるはずでございます。
これを、チームとして徹底していただきたく思います。

悔やまれるのは3回表、青柳が与えた先頭バッターへの四球。

先頭バッターへの四球は、得点に結びつきやすい。

川端に同点タイムリーを打たれますが、崩れなかった点は評価できます。
「青柳に勝ちをつけたかった。」
この金本監督の気持ちに応えるためにも、青柳よ、精進しなさい。
このじーやも期待しておりますぞ。

そして、7回表…。
今年の阪神を象徴するプレーが連続致します。
青柳のエラー、そして…まさかの鳥谷トンネル…。
これは、スタメンの布陣が攻撃重視だったため、ある程度は予測しておりました。

板山でもなく、上本でもなく…
鳥谷に、その代償が回ってきただけのこと。

それを救ったのが、岩崎、高山、荒木、梅野でございます!
今日のヒーローインタビューは、マテオ、荒木、梅野でございましたが、
このじーやの中では、上記4人がヒーローでございます。

通常、あの場面、試合が壊れてもおかしくない場面でございました。
2つのエラーとワイルドピッチ(*1)が絡んだ中、最少失点の1失点(自責点0)で抑えた岩崎。

*1 あれは、明らかにパスボールでございました。こら!坂本!

岩崎のピッチングがなければ、今夜の逆転劇は生まれませんでした。

2対1と逆転されましたが、このじーやは、いける!と思っておりました。
そして、その裏、チャンスに強い高山がセンター前に同点タイムリーを放ちます。
当然の流れの中、高山が打つのでございますが…。

高山が味方で良かった…。

このじーやの率直な気持ちでございます。
打った高山は、新人安打の球団記録タイ。
後は、長嶋茂雄の記録(猛打賞14回)だけでございます。
ドラフト会議でガッツポーズをした、ヤクルト真中監督の前で決めたのは、
何か運命を感じずにはいられませぬ…。

真中監督の逃がした魚は大きかった!

そう言っておきましょう。

8回表、前年度チャンピオンチームらしく、ヤクルトが意地を見せます。
代わった山本がランナーを出したところで、サターホワイト。
しかし、前進守備の外野を越され、失点。
後続は打ち取り、自責点0。
余談ですが、サターホワイトは、安定感はありますが、決め球がございません。
このじーやは、先発向きかと思っております。

再度リードされる形になりましたが、このじーやは妻に向かって言いました。

この試合、勝てますな。サヨナラもありえますな。

勿論、根拠(*2)はございました。
4回裏、坂本への敬遠策と、7回表、2死満塁を防いだ岩崎のピッチングでございます。
再三、言わせていただいておりますので簡略いたしますが、
ヤクルトにいただいた流れと、2死満塁でバレンティンを討ち取ったことで、
高山のタイムリーを差し引いても、

後2点は入ると思っておりました。

*2 記事検索「敬遠」で出てくる複数記事と「野球のメカニズム」に記載しております。

そして、サヨナラとはなりませんが、期待通りに試合が動きます。
以前、「ラッキボーイの匂いがプンプンする」と言わせていただいた荒木が打ちます。

やはり…荒木は、何か持ってますな。

同点の場面で、バッターは梅野。
初球、サインはスクイズ。失敗…。
金本監督の「何が何でも勝つ!」という執念がみえた采配でございました。
しかし、このじーやは、テレビ画面に向かって叫びます。

梅野は、この場面、打ちますぞ。

このじーやの宣言通りに、梅野が決勝タイムリー。
本拠地である甲子園で、今年できなかった5連勝。
ヤクルトを下し、ついに2つの壁を乗り越えました。
鳥谷を救った4人のヒーローに、拍手でございます。

福留の気持ちのこもったプレー、打ち直しのヒットも良かったですな。

これまで阪神をけん引してきた鳥谷のキャプテンが悪いわけではないですが…
来年は、鳥谷を楽にさせてあげるという意味でも、

福留キャプテンというのは、いかがでございましょうか?

来年、福留は40を迎えます。
ただ、彼は、「まだまだ若いもんに負ける気はない」と公言しております。
福留の野球に取り組む姿勢、気迫。
このじーやは、金本阪神のリーダーとして、福留がキャプテンに相応しい。
そう感じる、今日この頃でございます。
野球の伝道師として、若い阪神タイガースを引っ張っていただきたい!

この勢いで、巨人を倒してくださいまし!
結果、5位というオチは無しでございます。

追伸

ヒーローインタビュー、監督のインタビューまで見れるサンテレビさん。
このじーや、テレビ局の中で一番好きでございます。

北條よ。
今日の梅野のヒーローインタビューを聞きましたか?
あれくらい、ハキハキと喋ってくださいまし…。
このじーや、北條への来年の課題として挙げておきます。

↑このページのトップヘ