皆様、こんばんは。じーやでございます。
今宵も、良い気分でお酒を飲んでおります。

DeNaのベンチワーク、メッセンジャーの3安打を見て、勝利を確信致しました。
更に言わせていただければ、CSの最大のライバルはDeNaではなく、ヤクルトでございましょう。
時期的に、CSを見据えた戦いをしていただければ幸いでございます。

ピッチャーは、よく、「9番目の野手」と言われますが、
そのピッチャーがヒットすれば、おのずと、チャンスは広がります。
試合展開にもよりますが…

メッセンジャー、能見、藤浪

上記の3人は、ケースによってはヒッティングさせるということも、
作戦のオプションとして加えていただければ幸いでございます。
特に、ベンチが迷いそうな1死1塁のような場面で。

しかし、2アウトから、メッセンジャーがヒットで出たとき、
正直、このじーや、「打たなくても良かったのに。」と感じておりました。
なぜならば、続く、1番の上本選手が倒れれば、横浜の流れになっておりました。
このじーやの心配は、杞憂でございました。
上本がヒットで繋ぎ、2番の北條が四球で繋ぎ、3番の高山が仕留めました。
メッセンジャー含む、4人の活躍で、試合の勝敗を決定づけました。

今の阪神は、強い!

しかし、抑えていたピッチャーを変えると、相手に流れが渡る場合がございます。

4点差以上ある場合は、先発ピッチャーを変えてほしくない。

というのが、このじーやの本音でございます。
ここ数年、阪神は、このあたりのピッチャーの使い方で、終盤失速ということがございました。

昨今のプロ野球において、先発完投というピッチャーが少なくなりました。
投手の役割分業化が進む中で、致し方ないのかもしれまんせんが、
本当に強い阪神を作るためにも、 是非、先発完投できるピッチャーを育てていただきとうございます。

最後に一言…。

先日、活躍した坂本捕手がスタメンから外れておりますな。
前日、結果を残した選手は使ってくださいまし。
その中から真の競争は生まれます。