【阪神愛】じーやの独り言

阪神タイガース(プロ野球)について…時折、楽曲も織り交ぜながら、思いの丈を綴ってまいります。
1985年から遠ざかっている日本一。
命ある限り…そこを目指して阪神タイガースを応援していく所存でございます。
人の思いは…届きます。

タグ:メカニズム

皆様、こんばんは。じーやでございます。

本日(25日)は、このじーやの大好きなサンテレビでの中継。
解説は、山本昌さんと広澤克実さんでございました。
野球を良く知っていらっしゃるお二方の解説。
楽しく観戦することができました。

その中で、このじーやが感心した内容を取り上げさせていただきます。
山本昌さんの言葉の中で、

8番バッターで切ることを考えて投げていた。

という内容でございます。
山本昌さんが、長く活躍できた理由のひとつとして、このじーや納得致しました。
野球のメカニズム(仕組み)を知っていなければ、発言できない内容でございました。
上記内容は、ブログ内でも度々お伝えしておりますので、割愛致します。
ご興味のある方は、記事「金本采配について一言」をご覧くださいまし。
記事検索「敬遠」でも、ご覧いただけます。

本日の中日戦ですが、所感といたしましては

中日のミスで、いただいた試合

でございました。

2回裏、中日の采配。先頭バッターが出たところで、5番にバントをさせます。
この時点で、じーやは、ほぼ阪神の勝利を確信しておりました。

以前、ブログ内で、「野球は囲碁や将棋と似ている」とお伝えしましたが、
この初手は、紛れもなく悪手でございます。

囲碁や将棋に定石があるように、野球にも定石は存在致します。

3連勝と阪神に良い流れがきている中で、この悪手は阪神に追い風となりました。
消化試合という中ではございますが、

勝てる試合を落とさなかった

ここは、来シーズンに向けても大切なことでございます。

強いチームは、相手のミスを逃しませぬ。

阪神タイガースが来シーズン飛躍するためにも、
こういう積み重ねが大事でございます。

そして、上本よ。よくやった。
3回表、岩貞のバントミスもあり、試合がこう着する中、よくぞ仕留めました。
あそこで点が入っていなければ、ややこしい展開になっていたかもしれませぬ。
7回表の盗塁も見事でございました。
昨日、良いところが出ませんでしたが、金本監督の采配に拍手でございます。

上本の攻撃力は魅力的でございます。

金本監督も、改めて再認識されたのではないでしょうか。
ただし、現状、甲子園(後攻)でのスタメンは、やめておいた方がよいですぞ。
くどいようですが、このじーや、助言しておきます。

投げては、岩貞がよく踏ん張りました。
これで4連勝、9勝目。
制球が定まらない中、よくゲームを作りました。
早めの降板は、10勝目を狙わせるため。
このじーやは、10月1日の先発は岩貞だと予想しております。

そして、岩貞には、来シーズン以降の期待を込めて、
福原が背負っていた「28」を継いでほしいと願います。
原口には「22」を。

黄金バッテリーの復活!

当時、江夏と田淵が「黄金バッテリー」と呼ばれていた背番号を、2人に与えてくださいまし。

このじーや、原口の選手寿命を延ばすことや、その打撃力を活かすべく、
来年はファーストへコンバートさせるべきという考えを持っております。 
その考えは、今も変わらないのでございますが…。

そして、能見の中継ぎ登板にも触れておきます。
先日のDeNA戦での球速が、130後半から140前半でございました。
本日、計測された球速は、147と146。

腕を振る感覚を、取り戻させるために投げさせたのならば理解できます。

本気で中継ぎ転向でございましょうか?

それよりも、このじーや、来季の配置転換について、提案致します。

オープン戦で、サターホワイトを先発させてくださいまし。

調べると、彼は来日前、制球難で苦しんでいたようでございますが、
日本でのピッチング内容を見る限り、制球難で崩れるような感じはいたしませぬ。

第2のメッセになりうる可能性は十分ある。

このじーやは、そう見ております。
是非、ご検討くださいまし。
セットアッパー、クローザーについては、また別の機会にお話し致します。

これで今季3度目の4連勝でございます。
本日、試合のなかった4位ヤクルトとの差も0.5になりました。
壁を越えてほしく思います。
5連勝の壁、ヤクルトの壁を。
そして、甲子園での3連勝を期待せずにはいられませぬ。

甲子園での戦い方。まずは、守りから。

この一言を金本監督に送ります。

皆様、こんばんは。じーやでございます。
悪い流れは止まりませぬ…。
本日も巨人に負けてしまいました…。

試合を作る。

これは、よく投手に用いられる言葉でございますが、
実は采配によっても試合を作ることが可能でございます。

初回は、前日の流れそのままに点を与えた格好になりましたが、
注目したいのは、2回裏。
先頭6番ゴメスがヒットで出た場面でございます。
野球は3アウトで攻守交替となりますので、続くのは7,8,9番になります。
ここで気をつけなければならないのは、8番で終わることなのでございます。
野球をよくご存じの方なら、既にお気づきかと思いますが、

次の回、ピッチャーに打順がまわる回に、試合は動きやすくなります。

ゴメスが出た場面で、動いてほしかったというのが、じーやの思いでございます。
ゲッツーにより、8番で終わる形だけにはなってほしくありませんでした。
既に1点負けていたため、動いてもよかった場面でございました。

この後、メッセンジャーは、1点ずつ計2点を奪われる形になりますが、
いずれも8番中谷で終わっている次の回に失点しております。

これが野球のメカニズムでございます。

次に注目したいのは、4回裏。
先頭の5番原口がヒットで出塁します。
続くのは6,7,8番でございます。
バッター、6番ゴメスの場面。
フルカウントで原口が走りますが、ここで動くならば、2回裏で動かなければいけません。

ここは、ゲッツーをもらっても良かったのです。

ちぐはぐな采配でございました。

悪い流れは連鎖するものでございます。
このところ、エラーが多いですな…。
秋季キャンプは、どえらいことになりそうでございます。
選手諸君、覚悟しておいた方がよいですぞ。

また、近頃の金本采配は、少々、消極的でございます。
監督も1年目。

積極的な失敗ならば、それはいい。

3日のDeNA戦で見せたような、攻めの采配を期待しております。
今の阪神に、失うものなどないはずでございましょう。

流れを変えよ!

追伸

原口よ。

村田への配球は、ほぼ間違っていなかったと思います。
追い込んで、アウトコースのストレートは駄目ですぞ。

阿部に対しては、膝元を攻めよ!
ストライクからボールになる球を上手に使いなさい。

ギャレットに対しては、高低を使って攻めなさい。
先日、坂本が見せたリードがお手本ですぞ。

後、全体的に外の変化球を打たれているので、本日の二の舞はしないことですぞ。

皆様、こんばんは。じーやでございます。

本日のDeNA戦、序盤から大量得点で、気持ちよくお酒を飲んでおります。
まだ、試合途中ではございますが、何故、このような展開になったのかを、このじーやが解説致します。

初回、上本のヒットで、続く北條に、ベンチはバントを命じました。
バントが決まっていれば、初回の大量得点には結びつかなかったはずでございます。
北條選手は倒れましたが、ヒッティングに切り替えたからこそ、この流れが生まれました。

打者一巡の猛攻は、この作戦の変更により生まれました。 

1塁走者をバントで送る作戦は、1点を取りに行く作戦でございます。
試合の流れも1点差ゲームになることが多く、多くの点が欲しい先攻の阪神にとって、
初回にこの作戦を取るのは、あまりメリットがないと、このじーやは考えます。
相手投手がエース級ならば、別でございますが。 

同じように1塁2塁の走者をバントで送る作戦は、2点を取りに行く作戦でございます。
1点差で負けている場合など、この作戦は有効ですが、

ベンチが動いて点が入らなかった場合、
入る予定だった点が相手チームに入ることが多々ございます。

ベンチワークによって、試合は流動的に動きます。
バントしなくて正解でございました。
そして、初回の流れを作りました。

次に、戸柱に打たれた2ランがなぜ生まれたかについて、解説いたします。

9点を取り、4番の福留を江越に替えました。
ここで、まず、流れが変わっております。
そして、2アウト2塁で、交替した江越をバッターに迎えます。
長打のある江越を迎えたとろころで、最大で2点入ると致しましょう。
もしくは、福留が退いていなかったら、2点入っていた流れだと致します。
これが入らなかったからこそ、相手に2点が流れました。

このじーや、何千試合と野球と向き合っておりますが、実に面白いスポーツでございます。
ただ、投げて打って守るというスポーツではございません。

野球は、囲碁や将棋と似ております。

追伸

本日、良い流れで点を取りましたので、明日も同じメンバーでスターティングメンバーを組んでいただきとうございます。
特に1番2番。
上本が出るときに北條出ず。上本が出ないときに、北條が出る。
この流れは、理想的に感じております。

↑このページのトップヘ