皆様、こんばんは。じーやでございます。

阪神タイガース、サヨナラで6連勝!

6連勝の勢いそのままに…
このじーや、「金本知憲オフィシャルブログ」にて、コメントデビュー致しました!
今、恥ずかしさで、全身が火照っております…。

9月11日12日のブログにも書きましたが、この連勝劇は、
このじーや、予感しておりました。

ただ、明日は難しい試合になると思っております。

もしも、明日、勝つことが出来れば…

2017年は、開幕スタートダッシュが可能だと思っております。

ですから、

明日の試合は、色々な意味で、大事な試合になる。

というのが、このじーやの見方でございます。
ただの消化試合ではございませんぞ。

心配しているのは、福原投手の引退試合でもある点でございます。
余裕のある展開で投げさせてあげたいものでございます。

残念なことに、このじーやのテレビは、CS放送は受信できませぬ…。
したがいまして、本日の試合内容は部分部分ではございますが、
YouTubeの「虎速報」さんにて、確認させていただきました。
「虎速報」さん、ありがとうございます。

心配していた藤浪は、良い形でシーズンを終えたようでございますな。
6回球数82球ではございましたが、毎回奪三振、被安打1。
金本監督も言っておりましたが、

来年につながる投球ができた

階段を1つ上ったことは間違いないでしょう。
味方打線が点を取るまで、失点をしなかったことを評価したいと思います。
これは、このじーやが思う「エース」の絶対条件でございます。

そして…

甲子園でのサヨナラ劇場

に話を移したく思います。

まるで、優勝を決めたかのような選手のはしゃぎようでございました。
来年は、ペナントレースの競った状況の中で、このような試合をしていただきたく思います。

厳しい状況の中で、6連勝中に見せた試合内容ができれば、
もう、本物でございましょう。

ここは、来年の課題でございます。

最終回。
高山の球団新人最多安打や、福留の同点タイムリーもございましたが、

このサヨナラ劇を演出したのは、
金田のピッチング、
原口と鳥谷のバッティングでございます。


9回表。
巨人は、先頭打者がエラーで出塁すると、追加点を狙いに送ってきます。
通常、このような場面、得点に結びつくケースが多々ございます。
先頭打者への四球、エラーがそれでございます。
それを防いだ金田は立派でございます。
金田は、負けた場面で起用されるロングリリーフ、中継ぎとして、
来年期待できるピッチャーでございます。
鳥谷よ。また救われましたな。

そして、9回裏。
以前は、こういった好機に凡打するケースが目立った原口。
そして、今季不調の鳥谷。
本当に、二人がよくつないでくれました。
今までの阪神ならば、ここで同点止まりとなり、延長になったかもしれませぬ。

特に原口は、先日のヤクルト戦でも、8回裏、1、2塁間を破る一打でチャンスメイクしました。
荒木、梅野のお膳立てをしたのも、原口でございました。

北條や高山だけでなく、原口も確実に成長しております。
金本監督の蒔いた種は、芽を出し、花を咲かせようとしている。

来年が、益々楽しみになってきました。
来年は、3輪とも、枯れずに花を咲かせてくださいまし。
金本監督、頼みましたぞ。

最後になりますが…
冒頭に、「明日は難しい試合になる」とお伝え致しました。
俊介のサヨナラ打ですが、出来れば犠牲フライではなく、
タイムリーで終わっていただきたかった…。
以前、記事「あっぱれ金本采配!」でもお伝え致しましたが、

犠牲フライは流れ終了のサイン

だからでございます。
一端、6連勝の流れは、落ち着く可能性がございます。
明日の最終戦、阪神に流れがあるのか注目して見てくださいまし。
明日のポイントは、

「初回」
「先制(逆転)した後、守れるか」
「1死満塁の攻防」
「鳥谷のエラー」

上記4点を挙げさせていただきます。

野球は、前の試合の流れを継承しつつ、姿を変えていきます。

追伸

鳥谷よ…。
大丈夫でございますか?
このじーや、心配しております。
これを見て癒してくださいまし。

medaka

先日、このじーやの家にやってきた新しい家族でございます。
3匹のメダカでございます。
もう、名前もつけました。
左手前にいるのが、文仁でございます。
その奥にいるのが、俊でございます。
もう一匹が…あれ?見当たりませんな…。





ほうじょーう!

画面内に居りますので、探してみてくださいまし…。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村