皆様、こんにちは。じーやでございます。

昨日、前回の記事を見た妻から…
LINEスタンプが送られてきました…。

nami
©動く!ONE PIECE 記念日スタンプ/東映アニメーション

じーや…固まりました…。
妻は、本気です…。
ちょっとしたプレゼントのつもりが…
本気で服を買うつもりでございます!
じーやの諭吉ピンチ…。

仕事から帰ってきた妻は…
早速、KawaiCat のサイトで、服を物色しておりました…。
このじーや、妻の顔を、恐る恐る確認いたしました…。
あんなに嬉しそうな顔をする妻は、久しぶりでございます…。
その顔を見て、じーや決めました!

さよなら…諭吉…。

幸せパンチ!!案外、痛かったですな…。
ですが、
じーや、良いことをしました!

さて、今朝の「スポーツす・またん」に矢野が出演しておりました。
思っていたよりも元気そうで、まずは安心いたしました。
インタビュアーはシモさん(下柳剛)でございました。
この2人が画面内に収まると、何だかワクワク致します。
このじーやだけでございましょうか?

インタビューの内容は割愛致します。
ご興味のある方は、
YouTube「五代目 昨日の阪神タイガース」さんにて、
矢野とシモさんのやり取りが公開されております。

このじーやの所感のみ、お伝えしておきます。

自己分析もできており、
来年に向けての課題も明確でございました。
流石、矢野でございます。

このじーやは、安心いたしました。
後は、課題を突き詰めていけばよいかと思います。

【捕手起用に関して】

「絞っていきたい」という希望はありながら、
3連戦は誰か1人に任せたいという…
矢野の本音が見えました。
現実問題、誰か1人を正捕手に固定することは、
無理がございます。
そして、矢野が捕手の絞り込みをかける上で、
何が一番重要かということを述べておりました。

捕手は、守りが大事。

このじーやは、矢野の考えを支持いたします。
捕手は、特殊なポジションでございます。
育てるのも難しいポジション。
経験を積ませ、どう育て上げるか、
その過程も含めて楽しみにしておきます。

今年の原口については…

・よく頑張った。
・スローイングについては課題があるが、
それ次第。
・めちゃくちゃ一生懸命に練習する。
頭が下がる。

上記のような評価でございました。
当然ではございますが…
矢野は、原口を捕手として、きちんと見ております。


【投打にわたりチームの軸を作ること】

若手が中心になってもいい。

柔軟な姿勢でございました。
このじーやも、同じ考えでございます。
秋季、春季キャンプ、オープン戦を踏まえ、
これから、誰を軸とすればよいか、決めていけばよいかと思います。
若手、中堅、ベテラン含め、全員で競争でございます。


固定観念を持たずに、
チームにとって何がベストか。

「~でなければいけない」
という固定観念を持たず、
「今のチームにとって、何が良いのか」
を一番に選択してほしく思います。

矢野は、阪神の頭脳。

矢野は、指導者としては、まだ成長途上でございます。
しかしながら、阪神にとって、手放してはいけない人材でございます。
井端を手放した中日のようには、なってはなりませぬ。
絶対に…。

また、矢野の自己分析では、
作戦参謀として、その責任を果たせていないことを認めておりました。
そこは、来年に期待しております。

来年は、選手だけではなく、首脳陣の上積みにも期待しております。
表情の明るい矢野を見て、じーや、ほっといたしました。
大変な役どころではありますが、矢野ならば出来ます。

知憲くんのこと、頼みますぞ。

追伸

青柳よ。
矢野の一押し選手として、名前が挙がりましたぞ。
ゴムボール…握っておりますか?
来年は、勝負の年でございます。
強い気持ちを持って、このオフ、練習に取り組んでくださいまし。
じーやも、応援しております。


いつも応援ありがとうございます。
皆様のご声援クリックに、いつも感謝しております。
最近、季節の変わり目で体調を崩しやすくなっております。
皆様、くれぐれもご自愛くださいまし。