皆様、こんばんは。じーやでございます。

最終戦が終わった後、このじーや、福原の引退セレモニーで感極まる中、
お友達の金本知憲くんにメッセージを送りました。
LINEで…。
予想はしておりましたが…
やはり、返事はいただけませんでした…。
妻から聞きましたが、LINEにはブロック機能というものがあるようでございます。
届け、このじーやの思い…。

このじーや、あまりにも暇なので、1軍枠(25人)について考察してみました。
ドラフトや、FAで獲得予定の選手は含めませぬ。
あくまでも、現有戦力での考察でございます。
既に、フロントや首脳陣で、現有戦力の分析は行われていると思います。

どこが弱いのか分析せずに、補強はありえませぬ。

「⇔」は、調子によって入れ替えることを想定しております。
独断と偏見、妄想込みでございます。
ご了承くださいまし。

【投手】 12名

--- 先発 ---
メッセンジャー
岩貞
能見 ⇔ 横山

藤浪
サターホワイト
青柳 ⇔ 秋山

メッセンジャー、藤浪、岩貞は、来年、やってもらわないといけない投手

ただし、

優勝するには、もう一枚、10勝級のピッチャーが必要

このじーやは、そう考えます。
そこに、未知数ではございますが、「抑えよりも適正あり」と見て、サターホワイトを推しておきます。

是非、オープン戦で、サターホワイトの先発テストをしていただきたい。

期待しているのは、青柳、横山、秋山の3選手でございます。

青柳は、香田コーチの指導によって、ストライク先行のピッチングが可能になりました。
来年は、勝負の一年になりそうでございます。

また、横山が、今年の岩貞のように活躍してくれることを願っております。
彼は、良いものを持っておりますぞ。
怪我の内容を詳しく知らないのですが、良い状態で開幕を迎えてほしく思います。

そして、秋山ですが、以前から、「ゲームを作ることは出来る投手」という印象がございます。
今シーズン、勝利を挙げたことで、勢いに乗ってほしく思います。

阪神の先発は、「駒が揃っている」と言われることも多いのですが、

若干不安

というのが、このじーやの評価でございます。
4人目の10勝級ピッチャーを見つけることが、ポイントとなりそうでございます。
7連勝の先発投手を並べてみます。

岩貞→藤浪→メッセンジャー→岩貞→青柳→藤浪→岩貞

来年の開幕から、このような起用は、勿論、不可能でございます。
もう一枚にこだわり、3連戦を2勝1敗でいける戦力を整えたいところでございます。

--- 中継ぎ ---
金田 ⇔ 歳内
島本 ⇔ 山本
高橋 ⇔ 安藤

金田、歳内は、先発が早めに崩れた場合のロングリリーフや、負け試合での中継ぎで期待します。
島本、山本は、左のワンポイントでございます。
高橋、安藤は、同点や1点差で競っている場面での中継ぎでございます。

期待しているのは、島本と金田でございます。
島本は、DeNA筒香を討ち取った投球が良かったですな。
そして、シーズン後半に、安定した投球をし、勝利も手にした金田でございます。
負けている場面でも、出てきた投手の頑張り次第で、勝利を手にすることもございます。

長いシーズンを戦う上では、重要なポジションでございます。

--- 抑え ---
松田 ⇔ 岩崎
マテオ ⇔ 石崎
藤川

阪神の抑えといえば、JFKという言葉がすぐに出てきます。
7回から9回までを抑えのピッチャーに任せる継投で、2005年、阪神は優勝しました。
しかし、このじーやは、この考えに固執する必要はないと考えます。

先発は、最低でも7回投げる力を持ちなさい

と言いたいです。

4点差あるならば、完投せよ

とも思っております。
ただし、これが適用されるのは、現状、メッセンジャー、藤浪、岩貞の3選手くらいでございましょう。
3本柱以外の投手が先発した場合、且つ勝ち試合では、
やはり、7回から継投というのが現実的ではございます。

野球で難しいのは、9回よりも7回、8回。
特に8回は難しい。

以前、「野球は囲碁や将棋に似ている」とお伝えいたしました。
9回は、将棋に例えると既に詰んでいるケースもあり、
難しいのは、その前の7回、8回でございます。
特に8回は勝敗を決める上で、大切な局面を迎えることが多々ございます。
故に、

8回に力量のあるピッチャーを持っていきたい

というのが、このじーやの考えでございます。
JFKは、「8回にジェフ・ウィリアムスという素晴らしいピッチャーがいたので成立した」と思っております。
当時の久保田や藤川が、劣っているというわけではございませんぞ。

抑えで期待したいのは、松田と岩崎、石崎でございます。
松田は、以前から期待しておりましたが、今年は安定感がありましたな。
来年も今年くらいやっていただきたく思います。期待を込めて。
岩崎は、シーズン終盤の投球を見ますと、抑えの方が良さそうでございます。
石崎は、ヒーローインタビューでの内容、投げっぷりから明らかに抑え向きでございます。

7回を松田あるいは岩崎、
8回をマテオあるいは石崎、
9回に藤川

というのが、このじーやの考えでございます。

もう、藤川は終わったと思う人もいるかもしれませぬが、このじーやの考えは違います。

藤川の居場所は、9回のみ。

今シーズンは、先発、中継ぎ、セットアッパー、クローザー…。
使われ方が固定されず、彼本来の力が出せなかったことが一因でございます。
適材適所で、藤川を9回固定で起用すれば、相応の成績は残してくれるはずでございます。

まだ、藤川のストレートは死んでおりませぬ。

何よりも、タイガースファンは知っているはずでございます。

藤川の1Sは、ただの1Sではないことを。
そして、六甲おろしの前は、藤川が最も似合います。


チームが乗っていくためにも、
藤川が最後を締めた方がよいというのが、このじーやの考えでございます。
藤川も金本監督同様に、「見返してみせる!」と思っているはずでございます。

野手編は、また後日に致します。

追伸

じーや、明日、歯医者に行きます…。
既に3本、歯がございませぬ…。
悲しいことに、部分入れ歯でございます。
もう1本抜かれるかもしれませぬ…。

北條よ。
野球選手は、歯が命!でございます。
しっかり、歯ブラシして寝てくださいまし。