皆様、こんばんは。じーやでございます。
このじーや、体に力が入りませぬ…。
負けました。
皆様、既にご存じのことかと思いますが、

今日の敗戦でCS進出の可能性がゼロになりました。

力が入らないのは、それだけではございませぬ…。
このじーや、以前、アンケートを作成したのですが…。
その選択肢の北條選手のところを、「北条」と間違えてしまいました…。
ご指摘いただきました方、ありがとうございました。

北條よ。すみませぬ…。もう、直すことができませぬ…。
じーや、反省しております。

試合を振り返ります。
先発は能見。DeNAはモスコーソ。
気になったのはスターティングメンバー。

昨日、猛打賞の福留の姿がありませんでした。

以前、「不可解なスタメン」でも書きましたが、
そのときは、原口が猛打賞の後、スタメンから外されました。
福留がサイクルヒットの後、このときも翌日スタメンから姿を消しております。

これらの意図を説明してくださいまし。金本監督。

初回、能見はテンポよく3者凡退にDeNA打線を討ち取ります。
3番ロペスに対して、制球を乱しますが、よく抑えました。

しかし、

スライダーの曲がり具合がよくありません。

4回表は、指にかかったのか、いつものスライダーに戻りますが、
それ以外の回は、初回同様、良くないスライダーでございました。
5回表の失点は、その球を白崎に打たれます。筒香にも…。
その球を選択するしかなかったバッテリー。
本日の苦しさが伝わります。
その前の、

ピッチャーに四球は論外でございます。

ただ、筒香に打たれた、あの場面、皆様はどう思ったでしょうか?
じーやは、こう見ておりました。

高山でなければ、捕れていたのでは?

恐らく、解説が赤星であれば、間違いなく指摘したであろうシーンでございます。

一歩目が違う。

高山をセンターで起用する理由も、何となく理解はできるのですが、

高山で1点取っても、3点取られれば意味がない。

ここは厳しく指摘しておきます。

1回裏、福留に代わって4番に入ったゴメスの先制2ラン。
この回、先日の流れのままに先制しますが、問題はその前のシーンでございます。
先頭の北條が四球で出た後、2番荒木が高めの初球
(見逃せばボールではないでしょうか?)
を凡打でフライアウト。
「ファーボール後の初球」は狙い球としてセオリーでもありますが、

あの場面は、フライは打ってはいけない場面。

手を出すならば、叩いて引っ張らないといけませぬ。
ここで荒木が進めるバッティングが出来るのであれば、
3回表、追加点を狙う場面で、バントのサインは出なかったはず。
このじーやは、そう思っております。
そして点が入らず、DeNA白崎のホームランが生まれます。

今日の試合は、今年の阪神タイガースを象徴する試合

でございました。
これで、完全にCSおよび日本シリーズへの道は閉ざされました。
2016年、終戦でございます。

しかし、まだ試合は残っております。
お願いでございます。
これ以上、全国の阪神タイガースファンを失望させるのは、ご勘弁くださいまし。

追伸

上本よ。
過ぎ去ってしまった失敗を悔やむより、前を向いてやるしかないと思いますぞ。
同じ失敗をしないように、何をすればよいか考えて日々の練習に取り組んでくださいまし。
攻撃面では良いものを持っているだけに、これで評価を下げるのは勿体ないですぞ。
それから、足がつらないように、秋季キャンプにはバナナ持参ですぞ!